【40代編集長の婚活記#207】もしかして彼は? 2回目デートで気づいたこと

OTONA SALONE / 2020年7月22日 17時0分

OTONA SALONE編集長・アサミ(48歳)は、婚活歴4年。いままで婚活パーティ、婚活アプリ、紹介婚活、個室婚活などでさまざまな男性と出会い、デートを重ねてきた。

現在婚活中のお相手は、婚活アプリで知り合った50歳の眼科医・レンズさん。メッセージから始まり、ゴルフ練習デート、ランチデートを重ねていたけれど……。この物語は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

意外と「一致する」相手かも?

美味しいフレンチのお店でのランチデートは、レンズさんも私も、お互いにぶっちゃけトークができた気がした。それでわかったことは、

・味覚の好みが合う
・T.P.O.をわきまえてほしい
・経済的に一方に依存するのは好まない
・料理を女性ばかりが担うのはおかしい

このあたりの意見が一致、ということだった。好きなものだけでなく、嫌いなものも一致した点が今回の大きな収穫だったように思った。

 

2回目デートの最後は…

レンズ「これでチェックを」

そう言って、カードを渡した。店員さんが去ったあと、彼に尋ねた。

アサミ「おいくらでしたか? お支払いします」

と言ったけれども、レンズさんはかたくなに断り私の分も支払ってくれた。

アサミ「ありがとうございます。美味しいランチをごちそうさまでした」

ランチのあとは軽く街を散歩した。そしてレンズさんとの2回目デートは終わった。

レンズ「またお会いしましょう。お誘いします」

帰宅してお礼のメールを送った。

アサミ「今日はありがとうございました。とても楽しかったです。そして美味しいランチ、ごちそうさまでした」

すぐにレンズさんからも返信がきた。

彼からのメッセージの内容は?

レンズ「楽しかったです。また美味しいものを食べに行きましょう」

書いてあったのはそれだけだった。「また」とはあったけれど、明確にいつとは書いていない。でも、それだけでうれしかった。ここ最近、1回のデートだけで終わることが多かったからだ。

「また」っていうことは、3回目デートがあると思っていいのよね? それだけでなんだかちょっとワクワクした。

レンズさんのこと、ちょっと好きになりかけてるのかな……?

 

「また会いたい」はうれしい

デートが続くのは久しぶり……。

唯一交際まで至ったジェントルさんとお別れしたあとは、紹介されたゲームさん、ジムさん、ハイシャさんはデートが続かなかった。婚活アプリで知り合ったシリコンさんは、会う前に終わったし。

レンズさんのこと、好きかどうかはやっぱりまだわからないけど、デートした人に「楽しかった」とか「また会いましょう」っていうことを言われるのはシンプルにうれしい。

恋愛じゃなく、仕事や友達関係でもそれはうれしいことだけれど。

少しは自分を受け入れてもらえていると、感じられるからかな。

 

デートから3日後に

次にレンズさんから連絡がきたのは、デートから3日後くらいだった。

レンズ「こんばんは。アサミさん、最近はお忙しいのでしょうか?」

あれ? 先日のデートで忙しいと感じさせるようなこと言ってたかしら?

アサミ「こんばんは。いえ、それほど忙しくはないですよ! どうされましたか?」

レンズ「それならいいんです。ちょっとご連絡がなかったので」

連絡がなかった? デートから3日しか経っていないんだけど……。

 

「連絡がなかった」って言うけど?

もしかしたらレンズさんって、毎日連絡取りたいタイプ?

確かに婚活アプリでマッチングした直後はけっこう頻繁にやりとりしたけど、1回目のゴルフ練習デートから2回目のランチデートまではこのくらい空いていた気がするんだけど。

アサミ「あ、すみません」

あんまり悪いとは思っていないけれど、ひとまずそう返信してみた。

レンズ「来週の土曜日はお忙しいですか? またお食事でもいかがでしょうか?」

3回目デートのお誘いキタ!!!

 

とりあえず3回はデートしてみる

完全に合わないと思わないかぎり、なるべく3回まではデートしてみるようにしよう。婚活歴4年でなんとなく体得したひとつのルールだ。

1回目はお互いに緊張しているし、2回目で少しずつお互いを開示して、3回目で合うかどうか見えてくる。そんな気がしてきたのだ。

アサミ「ありがとうございます。土曜日、空いてます。何時でも大丈夫です」

レンズ「それはよかった! では今度はディナーはいかがでしょうか?」

 

初めてのディナーデート

ゴルフ、ランチときて、ディナー! なんかちょっとずつ親密になりつつある感じ。こういうステップを踏んでくれるのはうれしいかも。

いきなりディナーだとちょっと警戒してしまうけれど(警戒心が強いので)、レンズさんのデート運びは好感が持てる。

アサミ「はい、ありがとうございます」

レンズ「何が食べたいですか?」

アサミ「先日はフレンチでしたものね。今度はエスニックとかいかがでしょうか?

前回は彼が決めてくれたので、少しは私から提案もしようと思った。

 

私からも、デートを前向きに提案

レンズ「ベトナム料理はどうですか?」

アサミ「いいですね。好きです!」

レンズ「では場所は改めて連絡しますね。来週土曜、19時でいいでしょうか」

アサミ「はい、ありがとうございます。よろしくお願いいたします」

とてもサクサクと予定が決まった。なんだかレンズさん、テンポの良さが心地いい。ちょっとクセのある男性かもしれないけれど、私もクセがあるほうだから(苦笑)。

レンズさんとの3回目デートが決まったことを楽しみにしている私がいる。やっぱりレンズさんのこと、好きになりかけているのかな……。

 

◆「婚活記」をまとめた書籍が発売! 大人の恋愛バイブル!?

『恋ができない40代が運命の人をみつける17の方法 LOVE RULES 』

 

 

【次回は7/22(水)17時の更新。お楽しみに!】

【前回はコチラ】

【40代編集長の婚活記#205】恋に不器用な女が「告白したこと」

 

【「婚活記」の過去記事一覧はコチラ】

 

≪OTONA SALONE編集長・婚活コラムニスト 浅見悦子さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング