水虫患者に対する日米比較調査結果を発表

PR TIMES / 2012年8月2日 12時14分



ニールセン 水虫患者に対する日米比較調査結果を発表
~水虫患者の出現率:男女とも、日本のほうが大幅に高い~
~水虫の症状部位:日本は足が中心なのに対し、アメリカでは手、頭、首等も多い~

■水虫患者の出現率
日本は男性9.8%、女性4.3%なのに対し、アメリカは男性2.0%、女性1.5%と日本より低め
 
■水虫の症状部位
日本では足の指(78.0%)、足の裏(67.5%)などが男女ともに多いのに対し、アメリカでは足以外の部位、例えば手(米:46.7%、日:12.0%)、首(米:40.8%、日:3.5%)なども日本よりかなり多い

■水虫の原因
日本のおもな原因は「靴を長時間はいている」(39.5%)、「昨年以前の治療が不十分」(34.5%)など。

■水虫の悩みや不安
日本でのトップは「完治するのかわからない」(日:53.5%、米:24.2%)、アメリカでのトップは「症状がつらい」(米:55.0%、日:40.5%)。

■水虫治療
日本は6割近くが市販薬のみで治療するのに対し、アメリカは病院受診と市販薬使用を続けて行う人が日本の2倍以上 (米:35.0%、日:15.5%)
病院受診や市販薬以外の対処方法として、「せっけんで洗う」(日:82.0%、米:67.5%)、「靴などを身につける時間を減らす」(日:61.0%、米:38.3%)の方法は、日本のほうが取り組んでいる
------------------------------------------------------------------

2012年8月2日-東京発:ニールセン・カンパニー合同会社(本社:港区白金台 /社長 福徳俊弘)は、水虫患者に対する日米比較調査の結果を発表しました。
調査結果の総評として、ニールセン コンシューマー リサーチ部門(メディテック)、リサーチ エグゼクティブの里吉貴浩は以下のように述べています。

「今回の調査では、水虫と いう 大変身近な皮膚疾患を取り上げましたが、国や性別、あるいは年代によって、患者さんの背景や、疾患・治療に対する認識が、ひじょうに多様であることが明らかだと思います。
例えば、症状の部位も国別で異なりますし、水虫での不安や悩みの内容は、国別のみならず、男女でも違いが出ています。
また、出現率についても、処方薬ないし市販薬を使用している患者さんの割合で算出していますので、出現率の低いセグメントは、疾患の認識が低かったり、単に治療ができていなかったりする可能性もあります。
さらに、治療をしている患者さんの中でも、病院受診と市販薬の使い分けの状況や、その選択理由は、セグメントごとに差があります。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング