被災地 岩手県釜石市に、子どもおよび地元住民の皆様のための「鵜住居児童館」が3月9日に開館

PR TIMES / 2012年3月13日 16時2分



全国の児童館の活動支援を行い、子どもたちの育成に取り組む財団法人児童健全育成推進財団(以下育成財団、東京都渋谷区、理事長:鈴木 一光)と、未来を担う子どもたちへの支援に積極的に取り組むマニュライフ生命保険株式会社(以下マニュライフ生命、東京都調布市、代表執行役社長兼CEO:クレイグ・ブロムリー)は、3月9日(金)に岩手県釜石市鵜住居(うのすまい)地区に建設した児童館のオープニングセレモニーを開催致しました。

釜石市鵜住居地区は、東日本大震災の甚大な被害の影響で今も多くの住民の方々が仮設住宅での生活を強いられ、児童館も津波により流出し一時的に場所を移して開館している状況でした。この度の児童館建設は、鵜住居地区にて併行して建設が進む仮設小学校・中学校のオープンのタイミングに合わせて、子どもたちの遊び場・居場所として児童館の再開を願う住民の方々の思い、さらにその要望に是非応えたいという育成財団とマニュライフ生命の思いから児童館の建設が実現しました。
マニュライフ生命およびその親会社であるマニュライフ・ファイナンシャル・グループの資金的支援のもと、育成財団が建設プロジェクトのコーディネートを担当し、大震災から一年を迎える3月に竣工、開館を迎えることができました。

当日は、特別ゲストに元サッカー日本代表 前園真聖さんがお祝いに駆けつけ、子どもたちとふれあいました。新たな児童館の開設に子どもたちは「きれいで広々としていて気持ちがいい」「新しい自分たちの遊び場ができて嬉しい」「学校が終わったら宿題や読書をしに来たい」と喜びの声をあげていました。また、当児童館の館長となる地元釜石市の菊池久さんは次のように語っています。「皆様のご支援・ご協力のおかげでこんなに立派な児童館を立てて建てていただき有り難うございました。子どもたちも新しい居場所を作っていただけて本当に喜んでいると思います。また、これからは地域の方々にもご利用いただき交流を深めていければ良いと考えています。」

【「鵜住居児童館」施設概要】
施設名称 :鵜住居児童館
建設地 :岩手県釜石市鵜住居町3-12-1(紀州造林工場跡地)
建設概要 :コンテナハウス/1階建
延床面積 :148.62m2 (約45坪)
着工日 :2012年1月12日(木)
竣工日 :2012年3月6日(火)
開館日 :2012年3月9日(金)
開館時間 :平日9:45~18:45/ 土曜8:00~18:45 ※日曜・祝日、年末年始休館
児童館運営 :釜石市、社会福祉法人釜石市社会福祉協議会
利用対象者 :全ての子どもたち(0~18歳)、保護者、地域住民

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング