台湾は日本にとってICT業界での信頼できるパートナー

PR TIMES / 2014年1月23日 15時45分

中国進出を見据えた日本企業は台湾企業との提携を積極的に模索中

台湾はグローバルICT(情報通信技術)業界で重要な位置をしめており、同業界においては日本にとっての強力なパートナーといえます。ハイテク立国である台湾は、ノートパソコン、モバイル技術、タブレット、ネットワークデバイスなど、数多くのICT製品が業界の最先端にあります。

2013年1月23日 東京: 台湾はグローバルICT(情報通信技術)業界で重要な位置をしめており、同業界においては日本にとっての強力なパートナーといえます。ハイテク立国である台湾は、ノートパソコン、モバイル技術、タブレット、ネットワークデバイスなど、数多くのICT製品が業界の最先端にあります。

業界のグローバル化が進むにつれ、日本企業は海外での提携先を積極的に開拓しており、その中でも台湾企業が長年にわたって第一の候補となっています。両国共に重要度の高い中国市場に進出する為に、提携の必要性があることを認識しています。

日本は台湾にとって、最も歴史が長く重要な貿易相手国であり、2013年上半期の台湾から日本への輸出総額は93.6億USドルを超え、年間成長率は5.4%以上になります。その中でも輸出カテゴリー第一位を占めるのは、常に電子製品です。

台湾は生産額において、ノートパソコン、デスクトップパソコン、タブレットPC、マザーボード、サーバー、液晶モニター、デジタルカメラなど、7つの分野において世界で高いシェアを誇っています。2012年では、台湾のICTセクターは前年比7.9%の成長を達成し、年間生産額は約1,503億USドルに達しました。

台湾の工業技術研究院(ITRI)によると、台湾のICT業界における生産高は2013年度において20.5%の成長を見込んでいます。この背景には、世界規模でタブレットPCの出荷量が急速に増加している事とクラウドデータセンターへの世界的な投資が継続していること、そしてタッチスクリーン搭載のノートパソコン開発が主な要因として考えられます。

ICT産業における台湾の競争力は、成熟した製造ライン、高い技術力を有するエンジニア、高い研究開発能力、地理条件の優位性などによるものです。台湾は地理的に世界で最も重要な3つの経済圏(アメリカ、日本、中国)からなる三角形のエリア内に位置しています。歴史を通じて、台湾はアジアと西洋を結びつける立地にありました。その際に、世界中の国々と協力関係を築き上げてきたICT企業は、様々な文化や市場の需要を満たすノウハウを獲得しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング