1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

平成26年10月14(火)~15日(水) 今年は60年に一度の「おかげ年」 多数の来場者で盛り上がる神嘗奉祝祭

PR TIMES / 2012年10月2日 9時17分



このたび、神嘗祭奉祝委員会(委員長:堀崎萱二)は、来る10月14日(火)~15日(水)、平成26年度の『神嘗奉祝祭』 を開催いたします。『神嘗奉祝祭』は、伊勢の神宮で行われる神嘗祭の当日に行われる市民祭りで、その年の命の糧である「お米」を神様に奉り、収穫の喜びと感謝を共に分かち合うお祭りです。神嘗祭は伊勢神宮で年間1500余りあるお祭りの中でも、最も重要とされる祭儀です。昨年10月に内宮、外宮、両御正宮の遷御が斎行され、大御神がお遷りされました。伊勢参りは、遷宮の翌年には御利益があると言われており、また本年は約60年に1度の周期でやってくる「おかげ年」といわれる特別な年となります。「神様からのおかげ(恩恵)を授かる」とされ、例年以上にご利益があるといわれており、神嘗奉祝祭にあわせて、多数の来場者が見込まれています。

この『神嘗奉祝祭』の見所は、全国各地から一握りのお米を持って来勢し奉納する「初穂曳(はつほびき)」です。また、奉納のために全国から集まる有名なお祭り連もあります。徳島の阿波踊り、山形の花笠踊り、沖縄のエイサー、岐阜の郡上おどりなど、総勢20の団体が市内で披露し、伊勢神宮(外宮)へ新穀と踊りを奉納します。しばしば『ニッポンの心』と言われ、最近では多くの若者たちも伊勢神宮を訪れています。多くの媒体に特集をいただくとともに、最近では海外メディアにも多く取り上げていただき、年々注目度が高まっている伊勢神宮奉祝の祭り『神嘗奉祝祭』。ぜひ、事前告知及び、当日取材をよろしくお願いいたします。

■平成26年度 開催概要
1.神嘗奉祝祭 前夜祭(かんなめほうしゅくさい ぜんやさい)
(1)開催日 平成26年10月14日(火) 16:30~21:00
(2)会 場 三重県営サンアリーナ (駐車場あり)
(3)内 容 会場の一部を無料開放し、踊りの披露等を実施する。

2.神嘗奉祝祭(かんなめほうしゅくさい) 初穂曳・外宮領陸曳(はつほびき・げくうりょうおかびき)
(1)開催日 平成26年10月15日(水) 10:00~15:40
(2)会 場 伊勢神宮外宮(げくう)周辺(三重県伊勢市)
(3)内 容 地元をはじめ全国各地のお祭りが一握りのお米を持って来勢(らいせい)。
初穂曳による新穀の奉納や踊り披露などの神賑行事。
1. 10:00~12:30初穂曳(はつほびき)外宮領陸曳(主催 伊勢神宮奉仕会)
全国から寄せられた新穀を奉曳車に載せて奉納。
2. 10:00~15:40 祭のまつり
日本全国の有名な祭りが伊勢神宮外宮周辺で踊りの披露を実施。

3. 初穂曳・内宮領川曳(はつほびき・ないくうりょうかわびき) (主催:伊勢神宮奉仕会)
(1)開催日 平成26年10月16日(木)10:00~14:30
(2)会 場 五十鈴川~伊勢神宮内宮
(3)内 容 全国から寄せられた新穀を川船に載せて奉納。

■平成26年度 参加予定団体
・踊り
阿波踊り(徳島県/徳島県阿波踊り協会みやび連)
花笠踊り(山形県/民俗文化サークル四方山会)
沖縄エイサー(沖縄県/うるま市天願青年会)
郡上おどり(岐阜県/神嘗祭郡上おどり奉祝実行委員会)
木曽踊り(長野県/木曽踊保存会)
越中おわら風の盆(富山県/若林美智子社中)
よさこい鳴子踊り(高知県/ほにや)
西馬音内盆踊り(秋田県/西馬音内盆踊り愛好会)
おんぽい節(岐阜県/付知町おんぽい節保存会)
さんさ踊り(岩手県/三本柳さんさ踊り保存会)
河内音頭 (大阪府/栄会)
じゃこっぺ踊り(三重県/伊勢えび祭保存会)
尾鷲節(三重県/尾鷲節保存会 坂東流 柳蛙会)
佐渡おけさ(新潟県/立浪会)
伊勢音頭(三重県/伊勢音頭保存会)

・木遣り(きやり)
木曽木遣り(長野県/木曽木遣り筏衆)
諏訪御柱木遣り(長野県/下諏訪町木遣保存会)
関東木遣り(埼玉県/越谷市木遣保存会奉祝委員会)
・民謡
宮崎県民謡(宮崎県/宮崎県北民謡連合会)
・花火
奉祝花火(長野県/(有)伊那火工 堀内煙火店)

計1府14県 20団体 ※2014年9月現在の状況となります。参加団体は変更になる場合があります。

以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング