<銀座HSクリニック 患者様アンケート結果> 「自己ケアは効果感じられなかった」約90%

PR TIMES / 2013年5月20日 14時34分

 科学的根拠に基づいた治療法を提供する薄毛治療専門医院 銀座HSクリニック(所在地:東京都中央区、院長:北嶋渉)は、治療を完了した直近85名の患者様にアンケートを実施し、回答者のうち約半数が市販の育毛系シャンプーでの頭髪ケアを行ったことがあることが分かりました。さらに、それらの頭皮ケアの効果については回答者の約90%が効果を感じなかった」としており、自己ケアでの薄毛克服に限界を感じた人が多くいることが分かりました。



 当院では、AGA治療に効果のある内服薬と、頭皮の環境を整え発毛効果を高めるマッサージや点滴などを、患者様一人ひとりの状態に合わせて複合的にご提供しています。 AGAの症状は、生えてきた毛髪が十分に育たず細いままになり、だんだんと細い毛髪の分量が増えていくため薄毛になっていくものです。そのため治療中も毛髪が育つまでには同様に時間がかかります。一朝一夕では効果を実感できないために、治療を始めても2~3ヶ月で止めてしまう方が多くいらっしゃるのですが、毛髪が生え替るリズムである「ヘアサイクル」を理解して、時間をかけて治療に取り組むことが大切です。

 また、前述のアンケートで、「最も治療効果を実感したのはどんなときか」たずねたところ、45%の人が「シャンプーをしている時」と回答しており、一定期間の治療を乗り越えた方々は、手ざわりで効果が実感できるほどに毛髪が回復していることが分かりました。さらに、毎日の自分の変化は分かりにくくても、「数年ぶりに会った友人に若返ったと言われた」という回答もありました。


■アンケート結果

 Q1回答者のうち、効果についても回答した患者様の90%が、こうした頭髪ケアは「効果がなかった、わからなかった」と回答しました。(2013年5月実施、治療終了者85名にアンケート調査。Q1=有効回答39件、Q2=有効回答61件)


■ヘアサイクルとは? ~髪全体の約4割が、1年間で抜けている~

人の髪の毛には「成長期」「退行期」「休止期」という3つのフェーズがあります。「成長期」は2年から6年で、通常は毛全体の90%ほどがこの「成長期」の段階にあります。残りの10%は毛母細胞の活動が衰えてくる「退行期」と、完全にストップする「休止期」の段階です。休止期は約3ヵ月間続き、その後成長期に移行する際に毛が抜けるのです。

 平均的な日本人の毛量は約10万本といわれています。そのうちの10%、すなわち約1万本の髪の毛が3ヶ月の間に抜けているので、単純計算では1年間に約4万本が抜けていることになります。 しかし実際には、1本1本が異なるサイクルで活動しているので、4万本が一気になくなってしまうことはありませんし、どんどん次の髪の毛が生まれているので全体の髪の量は見た目には変わらないのです。

  しかし、下記の男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の影響によってこのヘアサイクルが乱れると、成長期の期間が短くなり、毛髪が育たないまま退行期・休止期へ移行し、薄毛が発症してしまいます。


■AGAとは

 AGAとは、男性型脱毛症のことで「Androgenetic Alopecia」の略称です。成人男性に発症する進行性の脱毛症で、前頭部(ひたい)や頭頂部の毛が一定のパターンで薄くなるのが特徴です。成人男性の脱毛症の約95%は、このAGAによるものだといわれています。

 AGAは、遺伝や生活習慣が主な原因とされてきましたが、近年、男性ホルモンの一種である「テストステロン」が、頭皮に存在する「5α還元酵素」によって「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されることが大きな要因であることが判明しています。その発生を抑制するのが、厚生労働省が認可した最新の薄毛治療薬であるプロペシアです。プロペシアの服用によって、男性の薄毛は、ほとんどの場合改善が可能です。


■銀座HSクリニックとは

 銀座HSクリニックは、日本皮膚科学会による診療ガイドラインに基づき、科学的根拠のある薄毛治療を提供しています。内服薬処方の他、「HS式ノーニードルメソセラピー」「ヘアグロウスタンプ」などの有効成分を用い発毛効果を高める外的治療や、頭皮環境を整える「トータルヘッドセラピー」、体質改善のための「漢方薬の処方」「発毛促進点滴」を併用し、患者様一人ひとりの症状、進行具合、生活習慣などに合わせた“オーダーメイドの治療“をご提案しています。


<銀座HSクリニック 概要>
所在地:東京都中央区銀座1-9-12 6階
院長:北嶋渉
診療時間:12時~21時
定休日:年中無休(年末年始を除く)
お客様電話番号:03-5159-6107
URL: http://www.hsclinic.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング