いらなくなった家具・家電を回収する、不用品回収サービス「トラクル」がリリース 出品代行サービス「ハコクル」との連携も

PR TIMES / 2020年3月5日 18時55分

出品代行サービス「ハコクル」を運営する株式会社ハコクル(本社:東京都港区、代表取締役社長:大迫 泰成)は、いらなくなった家具・家電を回収する、不用品回収サービス「トラクル」をリリース致しました。



[画像: https://prtimes.jp/i/40267/6/resize/d40267-6-483537-0.jpg ]


■ サービス概要

「トラクル( https://torakuru.biz/)」は引越しや買い替えなどで不要になった、家具や家電を回収いたします。
一品からでも回収可能な「ちょい捨てプラン」と1R/1Kの片付けに最適な「軽トラ積み放題プラン」など利用ケースに応じてご利用頂けます。

トラクルでは、事前に処分品を確認して見積りを取り、了承の上回収に伺います。
不用品回収では、現地に行ってから追加料金が発生すると伝えて徴収する業者が多々存在しておりますが、そのような事が一切起きないよう明瞭な見積りをいたします。

また、出品代行サービス「ハコクル( https://hakokuru.com/)」との連携も視野に入れてサービスを展開してまいります。

■ サービス提供開始にいたった背景

廃品回収業者に関する苦情や相談が10年連続で1200件を超えており、一種の社会問題に発展しています。
また、価格の透明性が担保されておらず、依頼する殆どの人が「適正価格が分からない」という不安を抱えています。

業界全体でも、未だに電話やFAXが主流で、課題解決すべき点が多く残っており、テクノロジーを活かした解決が見込まれると考えております。

「モノの二次物流をテクノロジーで変革する」という企業理念のもと、この業界を新たな切り口で市場を拡大してまいります。

■ 今後の展開

弊社で運営する「ハコクル」という出品代行サービスとも相性が良く、処分品だけでなく、出品したいという商品も併せて回収する事により、幅広い商品をより良い形で流通させてまいります。

また、不用品回収などに流用できるCRMや回収物や地域からオンラインで見積りができるアルゴリズムなどを活用したプラットフォームとしての展開も視野に入れております。


■ 運営会社

名称:株式会社ハコクル
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂3-11-15 VORT赤坂見附4F
設立:2018年 7月 10日
資本金:17,000,000円
代表者:大迫 泰成


■ 本件に関するお問い合わせ先

株式会社ハコクル
代表取締役社長 大迫 泰成
e-mail:t.osako@hakokuru.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング