【水筒に関するアンケート調査】水筒に「自宅で用意したもの」を入れる人が水筒利用者の8割強、「市販の飲料」は3割弱。利用場面は「学校や職場で」が最多

PR TIMES / 2013年9月3日 9時28分

■水筒利用者は半数強。水筒には「自宅で作った・用意したもの」を入れる人が水筒利用者の8割強、「購入した市販の飲料」は3割弱。「麦茶」「日本茶」が上位2位

■水筒の利用理由は「節約のため」「まめに水分補給をしたい」「いつも冷たい・温かいものを飲みたい」が上位3位。利用場面は「学校や職場で」が最も多く、「長時間外出するとき」「旅行、ドライブ」「アウトドアレジャー」が続く



マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『水筒』に関してインターネット調査を実施し、2013年8月1日~5日に10,029件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18107/

◆水筒の利用頻度、主に利用している水筒のタイプ
 水筒の利用者は53.3%で、「ほとんど毎日」「週に4~5日」が各1~2割となっています。女性や10代で多く、女性10代では7割強、女性30代以上では6割です。
 主に利用している水筒のタイプは、「直飲みタイプの水筒」が56.4%にのぼります。「ボトルタイプ、マグタイプ」「コップつき水筒」が各2割弱です。「直飲みタイプの水筒」は女性、特に若年層で多くなっています。


◆水筒に入れるもの
 水筒に入れるものは「自宅で作った・用意したもの(市販の飲料以外)」が83.2%にのぼります。「購入した市販の飲料」は27.3%です。男性10・20代は「購入した市販の飲料」が多くなっています。入れている飲み物は、「麦茶」「日本茶」が上位2位で、「コーヒー」「ミネラルウォーター」「スポーツドリンク」「中国茶」などが続きます。「麦茶」は男性10代や女性10~30代で多くみられます。「スポーツドリンク」は男性の方が多くなっています。


◆水筒を利用する理由、利用する場面
 水筒利用者に、利用する理由を聞いたところ、「節約のため」(63.9%)が最も多く、「まめに水分補給をしたい」「いつも冷たい・温かいものを飲みたい」が4割台で続きます。「節約のため」は女性や若年層、「長時間外出するときの水分補給のため」は女性50代以上で多くなっています。「子供の水分補給のため」は女性30・40代で多くみられます。2WAYの水筒主利用者では「いつも冷たい・温かいものを飲みたい」「近くにお店などがなく飲み物を買えないときのため」「子供の水分補給のため」などの比率が高くなっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング