Nutanix、Dellとグローバルアグリーメントを締結

PR TIMES / 2014年7月1日 12時58分

戦略的な協業関係が、Dellのワールドクラスのハードウェア、サービス、マーケティングに対するNutanixソリューションのアクセスや配備を拡張し、企業におけるWebスケールの垂直統合インフラ採用を加速

報道関係者各位
2014年7月1日
ニュータニックス合同会社

次世代データセンター・インフラストラクチャー・ソリューションのリーディングプロバイダーであるNutanix Inc.(本社:米国カリフォルニア州、創業者兼CEO:Dheeraj Pandey 以下、Nutanix)は本日、DellとNutanixのWebスケールテクノロジーをベースとした新たな垂直統合インフラストラクチャーアプライアンス製品の提供に向けたOEM契約を締結したことを発表しました。業界をリードするDellのサーバ上で稼動するNutanixの革新的なソフトウェアのコンビネーションが、現在のデータセンターにおけるIT環境のシンプル化をもたらす、柔軟でスケールアウトなプラットフォームを提供します。今回のNutanixとDellの協業は、すべての規模の企業に革新的なWebスケールテクノロジーをもたらすために徹底して設計されました。また、今回の合意には、製品ロードマップの調整とともに、共同販売、マーケティング、サポートおよびサービスへの投資が含まれます。

Webスケール統合アプライアンスである新たなDell XCシリーズは、PowerEdgeサーバ上で稼動するNutanixのソフトウェアを用いて構築されています。これにより、幅広い価格およびパフォーマンスオプションに対応できるよう、複数の形態で利用することが可能です。本アプライアンスは、一般のエンタープライズの利用形態に最適な、ハイパフォーマンスの垂直統合インフラストラクチャーを提供します。なお、これらには、VDI(仮想化デスクトップインフラストラクチャー)、仮想化ビジネスアプリケーション、マルチ・ハイパーバイザー環境などが含まれています。NutanixのWebスケールソフトウェアは、VMware vSphere(TM)、Microsoft Hyper-V(TM)、およびオープンソースであるKVMなど、あらゆる著名な仮想化ハイパーバイザー上で稼動します。さらに、独自で同じ環境内にある複数のハイパーバイザーに対応することができます。Dell XCシリーズアプライアンスは、今年の第4四半期に出荷し、Dellの販売チームおよび全世界の代理店から販売される予定です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング