第10回香港ワイン&ダイン・フェスティバル開催

PR TIMES / 2018年8月24日 12時1分

10回目の開催を記念した無料Special Passを提供

香港政府観光局(日本支局:東京都千代田区、日本局長:堀和典)は、10月25日(木)から10月28日(日)まで「CCB(Asia)香港ワイン&ダイン・フェスティバル」を開催することを発表いたしました。本イベントは、香港でも最も人気のある屋外で飲食を楽しむイベントで、今年で開催10回目となります。今年は、10回目の開催を記念して香港島のセントラル・ハーバー・フロントの会場を2割拡張し、飲食のブースが約400並ぶほか、事前の登録により無料で観光客の皆さまがイベントを楽しめる「Special Pass」入場券の提供などを行います。ビクトリア・ハーバーの夜景を背景に、世界各国の美味しいワインやお酒、フードを楽しむ本イベントは、11月に続く月間のフードプロモーション「香港Great November Feast」のキックオフイベントとなります。



会場内には、1ボトルHK$900(約1万3千円)以上のお酒の試飲ができる「グランドワインパビリオン」や、世界の各地域のワインを楽しむエリア、米国ワイン評論家ロバート・パーカーのロバート・パーカー・ワイン・アドヴォケイトによって選ばれたパーカーポイント88点以上のワインの並ぶブース、シャンパンやスパークリングワインの「Bubblyワイン」、ウィスキー&カクテルそして、人気のクラフトビールのエリアなどのお酒の試飲ブースが並びます。ワインの試飲は1杯40mlで、ワインの金額によって指定された数のワイントークンを使用します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/10540/20/resize/d10540-20-945782-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/10540/20/resize/d10540-20-730007-1.jpg ]


今年新たに登場するのは、世界のストリートフードを味わえる「インターナショナルストリート・イート」やハンドクラフトコーヒーやスイーツの「コーヒーフィエスタ」です。その他にも、ホテルの高級料理や、ローカルのフードが味わえるブースなども充実しており、お酒の苦手な方でもイベントを楽しむ事ができます。フードの試食はブースによって指定されたフードトークンを使用するか、現金で支払います。

また、オシャレなインテリアのダイニングエリアでマスターシェフのお食事を楽しむことができる「テイスティングルーム」では、この夜のために用意された特別なテーマのメニューに、ソムリエのチョイスする上質なワインをペアリングしたコース料理を提供します。今年は、シンガポールの四川飯店がミシュランの2つ星を獲得した陳健太郎シェフ、タイのBee Satongunシェフ, 台湾のLin Zhen Qingシェフ、上海のGeorge Chenシェフそして、マンダリンオリエンタル香港ホテルからPierre Gagnaireシェフらが参加予定です。

■お得なワインパス
会場でお得に試飲、試食ができるワインとフードのトークンがセットになったワインパスを販売いたします。
[表1: https://prtimes.jp/data/corp/10540/table/20_1.jpg ]



■第10回記念 Special Pass入場券の無料プレゼント
本年度は、開催10回目を記念して、海外からの観光局の皆さまには、サイトでの事前登録をするとワイントークンや10周年の特別ワイングラスのセットが利用できる「Special Pass」入場券を無料でプレゼントいたします。

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/10540/table/20_2.jpg ]

詳細は、以下の香港政府観光局公式サイト内のページをご参照ください。
URL: http://www.discoverhongkong.com/jp/promotions/agaru/event/vol3.html  

- Special Passは、香港外からの旅行者を対象としたパスです。
- Special Passの登録は先着順となります。
- 当日はEバウチャーを印刷して、会場内のツーリストカウンターまでお持ちください。

CCB(Asia)香港ワイン&ダイン・フェスティバル 開催概要

[表3: https://prtimes.jp/data/corp/10540/table/20_3.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング