ラリックの新作フレグランス《L'INSOUMI MA FORCE(ランスミマフォース)》登場!

PR TIMES / 2019年10月11日 15時35分

インディペンデントな男性の情熱的な力=「Ma Force」を表現したフレグランス



[画像1: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=35335&t=animationGifImage&f=agd-35335-23-1.gif&img_id=1570770730 ]

「既成概念に捉われない、大胆なエスプリ」を表現したラリックのメンズフレグランス《L’INSOUMI(ランスミ)》に、その情熱的な力に捧げる新たな香り《L’INSOUMI MA FORCE(ランスミマフォース)》が加わりました。

直感に従い、夢を意思に変え、実現していく人生哲学。夢を実現すると決意し、そのユニークなビジョンを世界に示していく。インディペンデントな男性の持つ、本能の力を伝えるフレグランスです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/35335/23/resize/d35335-23-965864-2.jpg ]


ドライなアンバーウッディのバイブレーションが奏でる、爽やかさとダイナミックさの極み

フルーティーで、レモンのように芳しいノートがカルダモンのスパイシーなエキゾチックさと混ざり合うトップノート。

ミドルノートの中心はメンズのラグジュアリーフレグランスに不可欠なラベンダーエッセンス。バイオレットリーフとローズマリーがグリーンカンファーとデリケートなバランスで香り、魅力的なウッドとアンバーのコンビネーションで官能性を添えています。



[画像3: https://prtimes.jp/i/35335/23/resize/d35335-23-947215-1.jpg ]

ボトルの側面には、ルネ・ラリックがデザインしたフラワーベース《トゥールビヨン》のモチーフが刻まれ、ラリックのアイコニックなサテン仕上げのボトルに、ダイナミックな印象を与えています。
大胆なコントラストを楽しむフレグランスに呼応する、スタイリッシュなボトルデザインをお楽しみください。

《ラリック ランスミ マ フォース》
オードトワレ
100 ml ¥ 11,000 (税抜価格)
https://lalique.jp/fragrance/mens/linsoumismaforce/


ラリックのフレグランス
ラリックとフレグランスの歴史は密接に結びついています。ジュエリーデザイナーとして名声を得たルネ・ラリックは、香水商フランソワ・コティの依頼を請けて香水ボトルとラベルのデザインを手掛け、それをきっかけに多くのエレガントな香水瓶を生み出しました。
今日もその創造性は受け継がれ、ユニークなアプローチのフレグランス、ホーム・フレグランスのコレクションを発表しています。それらはすべて厳選された原料が用いられ、またルネ・ラリックのクリエイションに着想を得た美しいボトルに詰められています。


ラリックについて
1888年にフランスで創業されたラリックは、“クリスタルガラス界のオートクチュール”と称される最高峰のメゾンです。「モダンジュエリーの生みの親」として知られるルネ・ラリック(René Lalique)は、ガラスを使った創作においても芸術の巨匠となりました。時を経てその名前は唯一無二のサヴォワ・フェール(熟練技)を示すゆるぎない象徴となり、さらにラグジュアリー、卓越性、創造性、そして広く名高い芸術的なスタイルと同義となっています。
創業者ルネ・ラリックが確立した、圧倒的な職人技術と比類のないクリエイティビティを現代に受け継ぐメゾン ラリックは、現在ではクリスタルの装飾品(デコラティブ)をはじめ、ジュエリー、インテリア、アート、ワイン、フレグランスの6つのカテゴリーを展開し、タイムレスな魅力を発信する「ライフスタイル メゾン」として進化を続けています。


ショップリスト

ラリック銀座本店
東京都中央区銀座5-6-13

伊勢丹新宿店
【ラリック ライスタイル・ギフトショップ】本館5階=ウェストパーク
【ラリック ジュエリーショップ】本館1階=アクセサリーフロア
【ラリック ワインショップ】本館地下1階=グランドカーヴ

名古屋店
名鉄百貨店本店 本館1階=アクセサリーフロア

ラリック公式オンラインショップ
https://lalique.jp/ 

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング