自社製造施設敷地内にトレーニングセンターを開設

PR TIMES / 2013年1月30日 11時52分

~社員により良い研修環境を提供するために~



日本イーライリリー株式会社(本社: 兵庫県神戸市、代表執行役社長: アルフォンゾ G.ズルエッタ)は、2013年1月に、神戸市西区にある自社の製造施設の敷地内にトレーニングセンターを開設し、1月29日に開所式を実施いたしました。

トレーニングセンターは、自社の社員の研修に使用すべく開設され、主としてセールス部門(MRならびにセールス部門の管理職)や神戸本社の各部門が利用する予定です。トレーニングセンターは自社のブランディングに基づいた内装を施しています。また社員研修実施のために必要なカフェテリアを新設、工場を訪問する社員や来訪者の増加に適切に対応するため、受付棟も新設するなど、研修に付随して必要となる設備を拡充いたしました。

社員研修に必要な宿泊施設、トレーニングセンターまでの交通手段、研修中の飲食等に関しては、地元の企業と提携し、神戸市に本社を置く企業として、より地元企業との連携を強化していきます。

「2010年から2012年の間に、セールス組織をほぼ倍増しましたので、新入社員が自社の価値観やカルチャーに早く馴染み、会社としての一体感を醸成することが喫緊の課題でした。このトレーニングセンターで研修を受けた社員がより一層活躍してくれることが、今後の自社の成長に不可欠と考えています」、と社長のズルエッタは話しています。


【西神トレーニングセンター概要】

所在地:   神戸市西区高塚台4-3-3 日本イーライリリー株式会社 西神工場内
概要: ・ トレーニングセンター総面積:684m2
敷地内の研究施設(鉄筋コンクリート3階建)の1階部分を改築。
・ 研修室の総面積: 360m2
(研修室5室、5室を連結して使用した場合約300名収容可能)
・ 研修室外には休憩ができるホワイエを併設
総工費: 約3.8億円
(トレーニングセンター改築、カフェテリア・受付棟新築費用含む)


【日本イーライリリー株式会社 について】
日本イーライリリー株式会社は、イーライリリー・アンド・カンパニーの子会社で、革新的な医薬品の輸入・開発・製造・販売を通じて日本の医療に貢献しています。統合失調症、うつ、双極性障害、注意欠陥・多動性障害(AD/HD)、がん(非小細胞肺がん、膵がん、胆道がん、悪性胸膜中皮腫、尿路上皮がん、乳がん、卵巣がん)、糖尿病、成長障害、骨粗鬆症をはじめとする、ニューロサイエンス領域、がん領域、糖尿病領域、成長障害領域や筋骨格領域における医薬品及び医療機器を製造販売しています。詳細はホームページでご覧ください。http://www.lilly.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング