6割以上のビジネスマンが憧れる・・・夢の「手ぶら通勤」 2012年は、“荷デジ化”(荷物をデジタル化)で「手ぶら通勤」! “ビジネスマン400人に聞いたかばんの中身調査”

PR TIMES / 2012年1月10日 17時34分



 KDDI株式会社は、スマートフォン新規ユーザーのアプリ利用促進を目的に「au one Market※」でダウンロードできるアプリの中から、利用シーンや気分に合ったオススメアプリを紹介するWEBコンテンツ『This is My5. 』を公開しています。(http://this-is-my5.jp
 今回この一環として、2011年12月に20代~40代の男性会社員400人(20代 133人、30代 134人、40代 133人)を対象に、 「かばんの中身に関する調査」を実施しました。
 調査の結果、多くのビジネスマンが自分のかばんが重いと感じており、もっと軽くしたいと感じていることが分かりました。その一方、かばんの中身を聞くと、手帳や、本、財布・定期など、スマートフォン一つで代替できるものがほとんどであることがわかりました。「地デジ化」が完了した2011年でしたが、2012年は、「荷デジ化」して、夢の手ぶら通勤に一歩近づいてみてはいかがでしょうか。
 ※auの「Android(TM)搭載スマートフォン」でご利用いただけるアプリケーションを集めたKDDIが提供するアプリマーケット

=============調査結果サマリー==============
1. 約9割のビジネスマンが「かばんを軽くしたい!!」
-「かばんは軽い方がいい」と回答した人は89%にものぼった。
-何も持たずに、通勤するというスタイル「手ぶら通勤」をしたい人、既にしている人は、69%!

2.ビジネス書にPC・・・、年収が高い人※ほど、かばんの重さが悩みに・・・
-年収が高い人ほど、かばんが重いのが悩み。69.5%の人がかばんが重いと回答。(それ以外の人は56.4%)
-年収が高い人ほど、手帳や、ビジネス書、ノートPCなど、持つものが多い傾向に。
※年収が高い人=年収700万円以上と定義

3.かばんを重くしているのは、実は持ち歩く必要のないものだった。  
-かばんを重くしているものは、1位 財布・定期、2位 仕事の書類、3位 携帯4位 手帳
-その一方、「実は持ち歩く必要ないと感じるもの」は、1位 仕事の書類、2位 手帳、 財布・定期

4.スケジュール管理は、アナログからデジタルに移行!?
-『PCやモバイルを利用してスケジュール管理をする人(46.3%)』が、『手帳でスケジュール管理をする人(29.2%)』を上回る。併用して使い分けている人も25.5%。
-デジタル管理のメリットは、データのほうが、整理しやすく、手帳を持ち歩く必要がないから。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング