~みんなの応援で4/29に何かが起きる!?~ 丸亀製麺『#平成最後の肉合戦』開催 あなたはどっち派?#牛すき釜玉 vs. #肉うどん

PR TIMES / 2019年3月18日 11時40分

大接戦必至!? 平成31年3月18日(月) 10:00~合戦開始!

株式会社トリドールジャパン(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:恩田和樹)が展開する讃岐うどん専門店「丸亀製麺」では、丸亀製麺『#平成最後の肉合戦』キャンペーンとして、丸亀製麺で人気の牛肉を使用した2つの商品「#牛すき釜玉」と「#肉うどん」のどちら派かを問う人気投票をSNSツイッターで実施いたします。平成最後の肉の日である4月29日(月)には、『#平成最後の肉宴』と銘打って、より多くの票を獲得して勝利した商品の「肉2倍増量分」を無料にしてご提供します。どちらも人気商品だけに、接戦が予想されます。是非、世紀の大決戦に奮ってご参加ください!



[画像1: https://prtimes.jp/i/28440/28/resize/d28440-28-412435-0.png ]




丸亀製麺『#平成最後の肉合戦』 とは

平成が終わろうとしているいま。絶対に譲れない戦いがはじまる。
丸亀製麺で人気を誇る2大牛肉うどん商品である、「牛すき釜玉」と「肉うどん」の世紀の大決戦。
あなたはどっち派? 「#牛すき釜玉派」か「#肉うどん派」か、人気投票を開催!
勝利した商品を、平成最後の肉の日である4月29日(月)17時以降に注文された方には、
『#平成最後の肉宴』として「肉2倍増量分」を無料でご提供します。


丸亀製麺『#平成最後の肉合戦』特設サイト

「#牛すき釜玉派」か「#肉うどん派」かなかなか決められない方のための特設サイトをご用意。イラスト化された各商品の「推し理由」3つの中から選ぶと、簡単にどちら派かを宣言できるサイトになっています。是非お気軽にどちら派かをお選びください。
※参加にはツイッターアカウントが必要となります。

STEP1:「牛すき釜玉派」 か 「肉うどん派」 か選択
※お気軽に戻るボタンで後戻りできます
STEP2:推し理由を選択
※強いて言えばでお選びいただいて構いません
STEP3:画面に従ってツイートすれば、どっち派かの宣言完了!
※もし応募期間中に心変わりされた方は、再度宣言も可能!
STEP4:どっちが勝っても平成最後の肉の日4月29日(月)17:00から丸亀製麺の「#平成最後の肉宴」へGO!


[画像2: https://prtimes.jp/i/28440/28/resize/d28440-28-561293-1.png ]




丸亀製麺担当者の想い

・『#平成最後の肉合戦』を企画した意図
  丸亀製麺の中でも「肉」を使ったメニューは大変人気があり、特に「牛すき釜玉」と「肉うどん」は非常に人気が高く、どちらにするか迷うお客様が多数いらっしゃいます。そんな「牛すき釜玉」と「肉うどん」、一体どちらが本当に美味しいのか?どちらがお客様に受け入れられているのか?かねてよりいつか決着をつけなければならないと思っていました。来たる4月29日は「平成最後の肉の日」。これまでみなさまを惑わせてきた“「牛すき釜玉」と「肉うどん」どっちか問題”にジャッジを下すのに相応しい日に向けて、『#平成最後の肉合戦』を通して、国民のみなさまの真意を問いたいと思います。

・「ほぼ同じでは?」という声について
  まず、SNS上含めこの合戦に興味を持ってくださる方がたくさんいて嬉しいですね。確かに「牛すき釜玉」と「肉うどん」は、どちらも牛肉の旨みと甘みを味わえる、という点では同じです。しかし、「牛すき釜玉」は中央にのった玉子が甘辛いすき焼きだれをまろやかにし、「肉うどん」はたっぷりのかけだしが優しく牛肉と玉ねぎを包んでいます。開発者からは違いが明確なのですが・・・実際にお客様の間でも二者の人気は拮抗しています。「ほぼ同じに思える」という方もその日の気分などに応じて何度でも投票ください。

・投票のポイント
  すでに熱烈に支持する「推し」が決まっている方は応募期間中ツイッターにて、「#牛すき釜玉派」 「#肉うどん派」のどちらかのハッシュタグを付けて投稿ください。もし決まっていない方は、店舗に行って実際に食べ比べていただくもよし、上記でご紹介した特設サイトを使っていただくもよし、なんとなくの直感での投稿も大歓迎です!人気を二分する「牛すき釜玉」と「肉うどん」だけに、大接戦が予想されます。あなたの一票が『#平成最後の肉合戦』に決着をつけます!ぜひご参加ください!

(株式会社トリドールホールディングス マーケティング部 片田 亜希子)


[表: https://prtimes.jp/data/corp/28440/table/28_1.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング