対面型キッチンで目立つ食器棚が“魅せる家具”に変身! 新商品『キッチンウォールキャビ』 発売

PR TIMES / 2013年6月28日 13時33分

株式会社 桧家ホールディングス(本社:埼玉県久喜市、代表取締役社長 近藤 昭)は、子会社である注文住宅
販売会社7社(桧家住宅、桧家住宅東関東、桧家住宅南関東、桧家住宅北関東、桧家住宅上信越、桧家住宅三栄、桧家住宅東北 )ならびにFC加盟店にて、永大産業株式会社(本社:大阪市住之江区、代表取締役社長 大道 正人)と共同で開発を行った家電収納付ウォールキャビネット『キッチンウォールキャビ』を2013年7月1日(月)より販売いたします。




新商品『キッチンウォールキャビ』は、人気があり採用率の高い対面型キッチンで、リビングから最も目につく食器棚に“魅せる家具”という考えを取り入れた全く新しい発想のウォールキャビネットです。従来の収納性を落とさずに、デザイン性が高く、モダンなキッチン空間を演出します。

直線的かつフラットなフォルム、同じ大きさで割りつけられた規則正しい扉はすべてを閉めると収納がある事を意識させません。また、どんな色にも合う艶やかな光沢のあるグロスホワイトの扉はキッチンを明るくスタイリッシュな空間へと引き立たせます。

収納力も大容量で、食器、調理家電、小物、食品などキッチン周りのあらゆる物をすっきりと収納が可能です。
出来る限りムダなスペースを省くため、当社の建物モジュールに合わせた製品寸法としております。レンジやオーブンを置いて扉を閉めることを前提にしているため、奥行も500mmと今までの食器棚より深くなり一般的なキッチン収納(吊戸棚+食器棚w=1800)との比較で、約76%の増量を実現しました。また、蒸気排出ユニットが装備された家電収納スペースは扉を開けたまま作業ができるよう収納庫横へ扉がスライドして格納できる等、さまざまな工夫を取り入れています。

キャビネットは4種類、キッチンのスペースや収納物に合わせて 10パターンからお選びいただけます。


●商品タイプ

A.大容量食品庫
飲み物や保存食といった場所をとるものもたっぷり保存。棚板は60mmごとに高さ調整できます。

B.家電収納食器棚
扉を横に格納可能、開けたままの状態で使用できます。
大型の家電もまるまる収まるゆとりの奥行500mm(内寸:457mm)。(一部収納できない機種もあります)

C.引出し付食器棚
よく使う食器やカトラリー、大きめの器もすっきり整頓できる引出し付食器棚。
静かにゆっくり閉まるファインモーション機構付。

D.冷蔵庫上収納
冷蔵庫上の空間も無駄にせず有効活用。普段はあまり使わないシーズン物の収納に最適。

※全ての扉に耐震ラッチが付いています。


発売日 :2013年7月1日(月)
価格 :481,000円(税別)~ (A+Bのセット価格)
販売地域 :関東全県、宮城県、福島県、長野県、静岡県、愛知県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、香川県、
愛媛県、福岡県、大分県、熊本県  (一部施工できないエリアがございます)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング