Interbrand “Best Retail Brands 2013” 小売ブランドのブランドランキングを発表

PR TIMES / 2013年3月19日 14時48分

米国ではWalmartが5年連続第1位、Amazon.comが第4位に躍進
日本はUniqloが第1位にランク、Lawson, FamilyMartとコンビニ勢が追随




2013年3月19日、Interbrand/Interbrand Design Forum, Dayton, Ohio
世界的なブランドコンサルティング会社であるインターブランドは、昨年に引き続き、世界のリテールセクターを対象とした“Best Retail Brands 2013”を公表しました。
“Best Retail Brands 2013” レポートでは、ブランド価値で評価した米国のTOP50ブランドをはじめ、日本、韓国、中国、東南アジア、豪州、英国、フランス、ドイツ、カナダ、メキシコの各市場のリテールブランドをランク付けしています。米国ブランドの評価は、本年で5回目となります。米国ではWalmartが5年連続でもっとも価値のあるリテールブランドの座を占め、その他の市場においてはUniqlo(日本)、Woolworths(オーストラリア)、Tesco(英国)、Carrefour(フランス)、ALDI(ドイツ)などがトップにランクされています。
米国のリテール業界は、景況感や個人の消費動向が不安定な中でも、“Best Retail Brands ”にランクインしているブランドは着実にブランド価値を高めています。TOP50全体のブランド価値は、昨年よりも1.8%上昇し、ブランド価値が上昇した36ブランドでは、平均6%アップという結果となり、昨年の4%から2ポイント増加しています。欧州では、Tesco(英国1位)やCarrefour(フランス1位)が新興国での収益を伸ばしている一方、日本のUniqlo(日本1位)、Lawson(日本2位)、FamilyMart (日本3位)などは、アジアをはじめとする海外出店を強めており、グローバルブランドとしてのプレゼンスを高めています。
インターブランドのグローバルCEOのJez Framptonは、「“Best Retail Brands”にランクインするブランドは、消費者との新たな関係強化に向けてユニークなブランド体験を創造し、常に消費者を刺激し続けています。トップブランドは、革新的な施策により消費者を欲求へと駆り立てています。」と述べています。
インターブランドデザインフォーラムのJustin Wartellは次のように述べています。「優れたブランドは、スピード感とダイナミックな想像力により、消費者の期待を超える価値を提供しています。消費者との対話を通じてブランドが進むべき道を定め、新しいビジネスモデルを構築しています。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング