サンシャイン60通りの新たなランドマーク「池袋スクエア」本年12月20日(木)より順次オープン

PR TIMES / 2012年11月6日 12時12分



三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、東京都豊島区東池袋一丁目において商業施設の開発を推進しておりますが、今般、全4店舗が決定し、施設名称を「池袋スクエア」として本年12月20日(木)より順次オープンすることを決定しましたのでお知らせします。

本計画地は、都内有数の繁華街である池袋の中で、特に賑わいのある駅東口エリアのサンシャイン60通り中心付近に位置します。当該エリアの賑わいを更に拡大させることを開発コンセプトとし、エンターテインメントとファッション、さらに食を融合させた施設といたします。

テナントには、地上1~10階にボウリング・アミューズメントを中心とした複合型レジャー施設を全国で展開している「ラウンドワン」(株式会社ラウンドワン)の東京23区内初の繁華街型店舗、地下1階~地上2階にアメリカ・カナダなどで900店舗以上を展開する人気アメリカンカジュアルブランド「アメリカンイーグルアウトフィッターズ」(株式会社イーグルリテイリング)が日本最大級の店舗面積で出店します。また、地下2階には、飲食店舗の「イタリアンワイン&カフェレストラン サイゼリヤ」(株式会社サイゼリヤ)および「魚卸 回転寿司 ダイマル水産」(株式会社アールディーシー)が出店します。サンシャイン60通りを訪れるお客さまのニーズに合致した、活気あふれる新たなランドマークを目指します。

本計画の事業主体は、当社が設立した特別目的会社であるアガツマ・プロパティーズ合同会社となります。当社はアガツマ・プロパティーズ合同会社からプロジェクトマネジメント業務を受託し、建物竣工時までプロジェクトマネージャーとして本事業を推進しております。

当社は、全国主要都市において都心型商業施設を開発・運営しており、また本計画隣地においても東京都心最大級の「ユニクロ」等が入居予定の商業ビル「(仮称)池袋Sプロジェクト」の開発を進めております。今後も引き続き、池袋エリアをはじめとした全国主要都市において、積極的な事業展開を進めてまいります。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング