メジャーリーガー田中将大投手を「CW-X」スポーツタイツの広告に起用

PR TIMES / 2014年12月25日 14時48分

株式会社ワコールは、メジャーリーグにて活躍中の田中将大投手と「CW-X(シータ゛フ゛リュー・エックス)」 ブランドにおいて広告契約を結び(2014年11月~2016年12月)、同ブランドから発売中のスポーツタイツの商品広告に起用します。




同選手を起用することにより、ワコールの人間科学研究をベースに開発している「CW-X」スポーツタイツが、トップアスリートにも愛される価値をもつアイテムとしてより多くの方に認知されることで、スポーツ市場でのさらなる販売拡大を目指します。その活動の第一弾として、2014年12月下旬より「CW-X」スポーツタイツを着用した田中将大投手のPOP(店頭販促物)が全国約600店舗に登場します。


■田中将大投手と「CW-X」のつながりについて
田中将大投手と「CW-X」との出会いは、2008年。プロ野球選手として、2年目を迎えた頃にさかのぼります。プロの世界で、シーズンを戦い抜く厳しさに直面していた田中投手は、カラダの状態をととのえること=コンディショニングの大切さを意識しはじめました。そんな折、「CW-X」のスポーツタイツ『STABILYX(スタヒ゛ライクス) model』を自ら購入し、練習に、試合に着用。腰・股関節、ふとももなど、投球時に負荷がかかる部位を適切にサポートする、「CW-X」スポーツタイツの機能性を評価され、現在までの継続的着用につながりました。「CW-X」のスポーツタイツを「カラダの一部であり、かけがえのないもの。」と評価する田中将大投手。アスリートとして、さらに飛躍を目指す田中投手のコンディショニングを、「CW-X」が全面的にサポートします。

■「CW-X」 ブランドについて
「CW-X」は、株式会社ワコールの研究開発部門「ワコール人間科学研究所」がスポーツ選手が行うテーピングをヒントに開発した機能性コンディショニングウェアブランドです。1991年秋に発売し、以降、スポーツタイツの先駆けブランドとして、メジャーリーガーのイチロー選手などトップアスリートからランニングやトレッキングを楽しまれる一般のスポーツ愛好者まで、高い評価を得ています。
「CW-X」では、独自のテーピング原理に基づいて開発した“スポーツタイツ”の他、スポーツ時のバストを安定させる“スポーツブラ”、肩甲骨をサポートして上半身を動かしやすくする『JYURYU(シ゛ュウリュウ)』など、スポーツのみならず日常の幅広いシーンにおいてカラダをサポートする商品を展開し、「トータルコンディショニングウェアブランド」としてアクティブなライフスタイルを楽しむ方を応援しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング