第14回「MONEXグローバル投資家サーベイ」実施 ~今後3ヶ月程度の世界の株式市場の見通しは、すべての地域で強気~

PR TIMES / 2014年10月7日 16時6分

 2014年9月に実施した第14回「MONEX グローバル投資家サーベイ」(注1)において、今後3ヶ月程度の世界の株式相場に対する見通しDI(注2)は、米国・日本・香港の3つの地域すべてで「上昇すると思う」と回答した割合のほうが多く、個人投資家の投資家心理は強気であることが分かりました。各地域の個人投資家に、今後3ヶ月で最も期待できる地域についてたずねたところ、日本の個人投資家は、2四半期ぶりに米国への期待最も高くなり、米国の個人投資家は、本調査開始以来過去最高水準で、自国への期待が高まっていることが分かりました。



■調査結果の要約
1.グローバル調査結果 調査対象:日本、米国、中国(香港)の個人投資家
(1-1)個人投資家の今後3ヶ月程度の世界の株式市場の見通しは、すべての地域で強気
【見通しDI(注1)(日本)】 (2014年6月) 36 →(2014年9月) 26(前回比-10ポイント)
【見通しDI(米国)】 (2014年6月) -5→(2014年9月) 12(前回比+17ポイント)
【見通しDI(中国(香港))】 (2014年6月) 27→ (2014年9月) 35(前回比+8ポイント)

(1-2)米国の個人投資家は自国への期待が過去最高水準に。日本の個人投資家の米国への期待も高まる。
各地域の個人投資家に、今後3ヶ月で最も期待できる地域の株価についてたずねた。
日本の個人投資家は、2四半期ぶりに米国への期待が最も高くなった。
米国の個人投資家は、本調査開始(2011年6月)以来の最も高い水準で自国への期待が高くなった。香港の個人投資家は、継続して、自国選好が強い状況。
日本:(米国: 43.4%、欧州(英国): 6.6%、アジア(日本を除く): 17.0%、日本: 33.0%)
米国:(米国: 72.1%、欧州(英国): 7.2%、アジア(日本を除く): 18.0%、日本: 2.7%)
香港:(米国: 36.4%、欧州(英国): 8.6%、アジア(日本を除く):49.8 %、日本: 5.2%)


(1-3)日本の個人投資家はドル高見通しが、大幅に増加。
 米国、中国(香港)の個人投資家に、今後3ヶ月でどの通貨が最も上昇するかたずねたところ、米国では約5割が、香港では約4割が米ドルと回答しました。
 日本の個人投資家に、今後3ヶ月程度の米ドル/円相場の見通しについてたずねた。調査期間中に1ドル106円台となったことが影響したのか、前回調査時(2014年8月実施)から円安を予想すると回答する個人投資家の割合は、31ポイント増加(40→71)。逆に円高を見込む層は16ポイント減となった(27→11)。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング