スポーツの秋!健康応援キャンペーン☆イルチブレインヨガが11日からキャンペーン

PR TIMES / 2012年10月5日 9時28分



ダンワールドジャパンは10月11~17日、日本最大級のヨガ教室「イルチブレインヨガ」に入会された方に、イルチブレインヨガのfacebookページ(http://www.facebook.com/ilchibrainyoga)で活躍する人気キャラクター「たまちゃん」のポストカードをプレゼントします。「つま先たたき」「丹田たたき」など、体のツボをタッピングする(たたく)ことで元気になる「タッピングヨガ」。スポーツの秋に簡単なタッピングヨガでみなさまの健康を応援する特別キャンペーンです!

■今注目の「タッピングヨガ」
みなさんは「タッピングヨガ」というのをご存知ですか?タッピングヨガとは、体のツボを自分で軽くたたく(タッピングする)体操です。ツボをたたいて刺激することで、東洋医学でいう「気」エネルギーの流れを滑らかにして、代謝や血行を改善。体のさまざまな不調や肥満の予防へとつなげます。インドの伝統的なヨガと東洋医学を組み合わせたダンワールドならではの健康法です。

■気は活力のもと
タッピングヨガの一番の特徴は、“気エネルギー”に働きかけることです。東洋医学によると、気とは、私たちの根源的な生命エネルギーです。人間の体内には気がいつも循環していて、その流れがスムーズであれば、体も心も健康でいられるとされます。気の通り道が「経絡」(けいらく)で、その経絡の上に点在するのがツボです。経絡が道路であるなら、ツボはその途上にあるバス停といえます。体内の気は、ツボを経由して外のエネルギーと交流し、新鮮なエネルギーとなって全身の臓器や脳に活力を与えるのです。

■タップしてツボを刺激
タッピングヨガでは、ヨガと呼吸法で体の緊張をほぐしながらツボを刺激するため、通常のツボマッサージをするよりも効果的に気の循環を良くすることができます。たたく場所はさまざまですが、最近とくに人気なのが、つま先をタッピングする「つま先たたき」。かかとを合わせた状態で両足を開いたり閉じたりして、つま先同士をコンコンとぶつける体操です。股関節のコリがとれ、上半身にたまっていたエネルギーが下半身にスムーズに流れるようになり、冷えや肥満、腰痛の改善などの効果が期待できます。

■経絡の流れに沿ってタッピング
このほか、「全身たたき」もたいへん人気の高いメニューです。全身を流れている12の経絡に沿って、体をたたいていきます。全身のツボが開き、気と血液のめぐりが良くなり、アンチエイジングへとつなげることができます。体の硬い人でも運動が苦手な人でも年齢に関係なく誰でも簡単に楽しめ、体も頭もスッキリします。肩こりやむくみを解消したい方にもおすすめです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング