「やさしい運転」で保険料がキャッシュバックされる新しい自動車保険、本日より計測器の「無料トライアル」受付開始

PR TIMES / 2014年11月17日 11時38分

ソニー損害保険株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:丹羽淳雄、以下「ソニー損保」)は、「やさしい運転」をすると保険料が戻ってくる、日本初(*)の自動車保険「やさしい運転キャッシュバック型」を、2015年2月中旬(予定)から販売します。*弊社調べ(2014年11月1日時点)

【☆主な内容☆】

◆「やさしい運転」をすると保険料が戻ってくる、日本初(*)の自動車保険「やさしい運転キャッシュバック型」
  を、2015年2月中旬(予定)から販売します。*弊社調べ(2014年11月1日時点)

◆本日、2014年11月17日より、計測器の「30日間無料トライアル」 の受付を開始します。
 ~「やさしい運転 診断レポート」も無料進呈します~

↓ソニー損保の自動車保険 「やさしい運転キャッシュバック型」専用サイト
http://www.sonysonpo.co.jp/auto/cashback/
……………………………………………………………………………………………



■商品の特長

同商品では、自動車の運転において、「やさしい運転」=「急発進・急ブレーキの少ないスムーズな運転」と定義し、日本で初めて自動車保険の保険料算出項目に“加速・減速の発生状況”を導入しています。

具体的には、保険契約車両に「ドライブカウンタ」というオリジナルの小型計測器を設置し、運転中の急発進・急ブレーキの発生状況等を計測。その計測結果に応じて保険料をキャッシュバック(※1)する仕組みです。「やさしい運転」をする保険加入者は、最大20%のキャッシュバックが受けられます。


今年6月には、国土交通省が交通事故の削減を目指す取組みとして、 安全運転の度合いに応じて保険料が変わる自動車保険を推進する方針を発表するなど、昨今、自動車走行データを活用した新しい自動車保険の登場が期待されています。
そのような背景の中、ソニー損保は、自動車事故には運転時の加減速が影響しているという仮説を立て、それに基づき独自調査を行ったところ、急発進・急ブレーキの発生が少ない運転は、事故リスクが低いことがわかりました。そこで、事故リスクの低い「やさしい運転」をするドライバーを評価する自動車保険として同商品を開発しました。

自動車保険は、“起こってしまった事故に対し、経済的な損失を補償すること”が重要な機能ですが、「やさしい運転キャッシュバック型」は、それに加えて “ドライバーの安全運転意識を高めて、事故の発生を減らす”、新しい自動車保険の価値提供を目指しています。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング