【プレスリリース】中央アフリカ危機 雨季を前に18万3,000人の給水施設を復旧

PR TIMES / 2014年3月6日 13時41分

感染症集団感染のリスクに備えて



※本信は ユニセフ本部からの情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に
編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_72778.html でご覧いただけます

【2014年3月5日 バンギ(中央アフリカ)・ダカール(セネガル)発】

雨季の到来を前に、ユニセフとパートナー団体は中央アフリカ全土で塩素消毒した
水を供給できるように給水設備を復旧し、18万3,000人以上が安全な水を得られる
ようになりました。雨季になると衛生状況が悪化し、コレラなど水に起因した病気に
感染するリスクが高まります。

ユニセフ・中央アフリカ事務所代表のスリマン・ディアベットは「紛争で避難して
いる方々の多くは、いまだ安全な水を得られない状況です。1回目の大雨がすでに
降っており、河川の水はよどみ、地面はぬかるみ、コレラ発生のリスクが高まって
います。子どもたちは、とりわけ不衛生な水と環境に関係する病気にかかりやすく、
子どもたちの命を守るためにも、清潔な水を供給することが必要です」と述べました。
紛争が始まってから1年以上が経ち、避難している家庭の多くはいまだ安全な水を
ほとんどまたは全く得られず、得られたとしても必要量のごく一部しか入手できて
いません。


■過去2カ月の取り組み(水と衛生分野)
・何も持てずに避難した人たち7万2,000人以上に、人から人へと感染する水に起因
する病気の予防のため、石けんと貯水容器、適切な衛生習慣の情報を提供。

・バンギにある軍の空港と国連施設(PK5、PK12)に避難しているイスラム系の住民
5,000人に水の支援。これらの場所は、キリスト系のアンチバラカの民兵に包囲され、
身動きが取れない状態にある。

・西部のボサンゴアでは、紛争中に略奪された国の給水施設の復旧を支援。
これまでに国内避難民1万7,000人が、ひとりあたり1日22リットル以上の水を利用
できるようになった。また、35万2,000人分の水の量と質の改善を支援。

・ECHO(欧州委員会人道援助局)の支援を受け、ユニセフはバンギの水処理施設の
処理量を増強。西部のブアールの給水システムのほか、アクセス可能な場所の
井戸の復旧を実施。

■既存の給水設備の修復を
ディアベット代表は「国内では、多くの給水ポイントが破壊され使用できなくなって
おり、1年以上もメンテナンスがされていない状況。トラックで水を運搬するよりも
より持続的に水を供給できるよう、新しい設備をつくるのではなく、できる場所では
既存の給水設備の修復を進めたい」と述べました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング