【イベント案内】ユニセフ報告会 『赤ちゃんの命と人の一生に大切な最初の1000日』 中米グアテマラで活躍する日本人職員の報告

PR TIMES / 2014年6月2日 12時54分

6月26日(木) 10時30分~11時45分 ユニセフハウス(港区高輪)



公益財団法人 日本ユニセフ協会(赤松良子会長)は、6月26日(木)、ユニセフハウス
(東京都港区)で、ユニセフ・グアテマラ事務所 篭嶋 真理子 副代表による現地報告会
を開催いたします。

豊かな自然とコーヒーの産地として知られるグアテマラ。中所得国でありながら、ラテン
アメリカでも貧富の格差が大きく、国民の約54%が1日1.25米ドル以下の貧困ライン下で
生活し、5歳未満の子どものおよそふたりに一人は慢性的な栄養不良状態です
(世界ワースト6位)。

生後2歳までに起きる慢性栄養不良は、子どもの脳の発達に取り返しのつかない悪影響を
及ぼします。母親の胎内にいるときから2歳を迎えるまでの1000日間に適切な栄養が取れるか
どうかは、身体のみならず脳の成長にも大きな影響を与えます。干ばつや飢餓などで問題
になる「急性栄養不良」の問題と異なり、日常的に栄養を十分に取れずに慢性栄養不良に
陥り、年齢相応の身長まで成長しない発育阻害(スタンティング/stunting )の問題は、
周囲に気が付かれにくいために、これまであまり関心が向けられてきませんでしたが、
子どもの学習能力や認知能力はもちろん、地域ひいては国の将来を左右する重大な問題
です。


ユニセフは、2013年4月に発表『子どもの栄養状況の改善-
世界の進展のための果たす
べき義務(原題: IMPROVING CHILD NUTRITION The
achievable imperative for global progress)』と題する
報告書で、世界の5歳未満の子どもの4人にひとりにあたる
約1億6,500万人が、貧困のために発育阻害(スタンティング)状態にあると報告。
「最初の1000日」の取り組みの必要性を強調しています。


グアテマラ政府は、2012年から「ゼロ・ハンガー協定」
のもと「最初の1000日」への取り組みを最優先国策の一つ
に位置付け、ユニセフなどの協力を得ながら、栄養不良の
要因や改善策の調査を実施。農村地域の実情に応じた栄養
カウンセリングや栄養教育などサービスの普及を続けた
結果、農村の貧困地域でも、子どもたちに適切な食事や
栄養が与えられる割合が増加するなど、確実な成果を
生んでいます。

日本国内でも、後述するように、「最初の1000日」の問題は
“他人事”ではありません。
報道関係のみなさまにおかれましては、貴媒体を通じ
「最初の1000日」問題を日本の皆様に周知いただけるよう、
また、本報告会開催告知にもご協力をいただけますよう、
お願い申し上げます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング