日本初、「JAL LGBT ALLYチャーター」を運航します

PR TIMES / 2019年6月27日 15時2分

~社会全体のLGBTに関する理解促進に向けて~



2019年6月27日
JALは、日本で初めて「JAL LGBT(*1) ALLY(*2)チャーター」を運航します。
このチャーターは、9月1日に沖縄で開催される「ピンクドット沖縄」(*3)に合わせて運航します。「ピンクドット沖縄」とは、性的マイノリティが生きやすい社会を目指し、LGBTの方やそのご友人、ご家族、趣旨に賛同する方や、ALLY企業の方々が集まり、LGBTの理解促進を図るイベントです。
この「ピンクドット沖縄」にあわせて「JAL LGBT ALLYチャーター」を運航することで、一企業としての取り組みだけでなく、より多くの皆さまにLGBTを支援する運動を知っていただき、社会全体での理解促進のお手伝いをさせていただきます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/30684/264/resize/d30684-264-691035-0.jpg ]

(*1)Lesbian(レズビアン)、Gay(ゲイ)、Bisexual(バイセクシャル)、Transgender(トランスジェンダー)の頭
文字を取った、性的マイノリティ(少数派)を表す総称。
(*2)理解者、支援者。
(*3)イベント詳細ページ  http://pinkdot-okinawa.com/

JALは、ダイバーシティ経営のリーディングカンパニーとして、多様な人財が活躍する環境の創造に取り組んでいます。その一環として、これまで社内制度の変更(*4)や、社内の理解促進のため、役員から社員を対象とした研修の充実を図るとともに、社会の理解促進のお手伝いをするため、LGBT関連のイベントへの協賛・出展を継続しています。
その結果、任意団体「work with Pride」が策定する、企業・団体などにおけるLGBTなどのセクシャルマイノリティに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標」(*5)において、3年連続で最上位の「ゴールド」として表彰されています。
JALは今後も、多様性を尊重し、社員一人一人が活き活きと活躍することで生まれる最高のサービスを提供し、さまざまな取り組みに挑戦してまいります。
(*4) 従来は法律上の結婚をしている社員(およびその配偶者と家族)に対して適用する制度において、会社の定
める同性パートナー登録を行った社員(およびそのパートナーと家族)にも同様に適用することとした。
(*5)セクシャルマイノリティに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する、任意団体「work
with Pride」が2016年に策定した、日本で初めての企業・団体などにおけるLGBTなどのセクシャルマイノ
リティに関する取り組みの評価指標。「行動宣言」「当事者コミュニティ」「啓発活動」「人事制度/プログ
ラム」「社会貢献/渉外活動」の5つの指標で採点され、「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」の3段階で評
価される。
[画像2: https://prtimes.jp/i/30684/264/resize/d30684-264-285557-4.png ]


<概要>
チャーター便にご搭乗いただくには、ジャルパックで販売する専用ツアーにご参加いただく必要があります。

【JAL LGBT ALLYチャーター】
出発日: 2019年 8月31日(土)
時間: 東京(羽田) 6:10発  沖縄(那覇) 8:40着
※復路便については、指定の定期便より選択いただきます。
【ツアー概要】
◆発売日: 2019年 7月18日(木)
◆旅行代金: 発売時にJALPAKホームページにてご案内予定です。
※ツアー概要や販売時間、販売開始後の詳細は、下記ホームページでご案内します。
https://www.jal.co.jp/domtour/oka/rainbow/
◆食事: 朝食付き(ホテル滞在中)のプランです。
◆お申し込み:1名さまからお申し込みいただけます。
◆添乗員: 同行しません。現地にて係員がご案内します。

【旅行企画・実施】
株式会社ジャルパック  観光庁長官登録旅行業第705号・(社)日本旅行業協会正会員

以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング