第4回大藪春彦新人賞決定!

PR TIMES / 2020年10月27日 17時45分

作家・大藪春彦氏の業績を称え創設された「大藪春彦新人賞」の第4回選考会が2020年10月26日(月)に株式会社徳間書店で開かれました。



[画像: https://prtimes.jp/i/16935/301/resize/d16935-301-450280-0.jpg ]


大藪春彦賞選考委員会は、厳正なる討議の上、 応募総数 233編の中から下記の作品を受賞作と決定いたしました。
選考委員は、今野敏氏、馳星周氏、徳間書店文芸編集部編集長。

贈賞式は2021年3月、第23回大藪春彦賞とともに行われる予定で、受賞者には大藪春彦賞選考委員会と後援の徳間書店から正賞として賞状、 副賞100万円が贈られます。


【受賞者】   
野々上 いり子氏(応募名)

【受賞作品】  
葱青(読み:そうせい)
(400字詰め原稿用紙換算79枚)


野々上 いり子(ののうえ・いりこ)氏のプロフィール
昭和46年6月13日生まれ。49歳。大阪府大阪市出身、愛知県名古屋市在住。※選考日現在


●受賞作および選考委員選評は弊社発行の文芸誌「読楽」1月号(2021年1月10日発行)に掲載いたします。


2020年10月27日
主催:大藪春彦賞選考委員会
後援:株式会社徳間書店


【大藪春彦新人賞】
http://www.tokuma.jp/oyabuharuhikoshinjinshou/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング