ウイルス対策ソフトパフォーマンス調査 結果のお知らせ

PR TIMES / 2014年2月6日 15時9分

動作の軽さはカスペルスキー、HDD・メモリー使用量が少ないのはウイルスバスター

株式会社角川アスキー総合研究所(本社:東京都文京区、代表取締役社長:角川歴彦、以下角川アスキー総研)は2月6日、有料のウイルス対策ソフトのパフォーマンスについての調査を実施し、結果をとりまとめましたのでお知らせいたします。



パソコン利用者がウイルス対策ソフトを導入するにあたっては、ウイルス検知性能ももちろんですが、導入した結果、パソコンの起動や日常の使用にどれくらい影響があるのかについてが、製品を選択する際の大きな基準となります。今回、パソコンの起動やフルスキャンの速度、常駐時のメモリー使用量など、ユーザーが最も気になるであろうパフォーマンスの調査を、アスキーパソコン倶楽部(株式会KADOKAWA アスキー・メディアワークスBC)と共同で実施しました。結果の概要は以下の通りです。

調査結果の要点

WindowsやWebブラウザーの起動が速いのはカスペルスキー


各ウイルス対策ソフトをインストールしたパソコンでWindowsの起動時間を測定すると、今回調査したソフトのうちで最も速かったのは「カスペルスキー2014」。Webブラウザーの起動時間も「カスペルスキー2014」が最も速く、パソコンの本来のパフォーマンスへの影響が少ないウイルス対策ソフトと言える。

HDDやメモリーの使用量が少ないのはウイルスバスター


実行時のHDDやメモリーの使用量が最も少ないのは、HDDは633MB、メモリーは43MBを使用する「ウイルスバスター クラウド」だった。特にHDD容量は、他のソフトがおおむね1GB程度使用するのに対して、「ウイルスバスター クラウド」と「マカフィー オールアクセス2014」(730MB)は少ない。

他のウイルス対策ソフトからの乗り換えやすさはカスペルスキー

すでにウイルス対策ソフトが導入されているパソコンに別のソフトを導入する際、前のソフトを自動的に検知してアンインストーラーが起動するかどうかを検証すると、「カスペルスキー 2014」は今回調査した6ソフト中最多の5ソフトを検出した。

----------

ウイルス対策ソフトパフォーマンス調査結果

1. 各ウイルス対策ソフトおよびインストールしたパソコンのパフォーマンス


WindowsやWebブラウザーの起動時間は「カスペルスキー2014」が最も速く、Wordの起動時間は「スーパーセキュリティZERO」が最速で、動作の軽いウイルス対策ソフトと言える。フルスキャン時間(Windowsフォルダー)も「カスペルスキー2014」が速いが、CPU使用率の最も低いのは「スーパーセキュリティZERO」。HDDやメモリーの使用量は、「ウイルスバスター クラウド」が最も少なく、スペックの低い環境にはありがたい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング