女優ク・ヘソン、主演&監督作品「Daughter」が公開前に話題沸騰!!

THE FACT JAPAN / 2014年9月20日 15時21分

映画「Daughter」のク・へソン(左)とシム・へジン。|提供 inStyle




女優のク・へソンが自身が監督と主演を務める映画「Daughter」を発表し、公開前にもかかわらず多くの注目を集めている。
「Daughter」はク・へソンが監督を務める3作品目の長編映画。また彼女のキャリア史上、監督と同時に主演にも挑戦した初の作品でもある。彼女は韓国の雑誌「インスタイル・釜山国際映画祭特別版」10月号の中で取材を受け、共演したシム・へジンとともに美しくも貫禄のある2ショット写真を公開した。
本作は、中学生になったク・ヘソン演じる「サンイ」と、高圧的なふるまい体罰と規則で娘を縛り付けようとする、シム・へジン演じる母親との間で起こる対立や葛藤をテーマに、社会的なメッセージが込められた作品である。掲載誌で、作品の中で親子である二人の対立を予感させる緊張感ある雰囲気が見て取れる。
ク・ヘソンはシム・へジンを母親役としてキャスティングした理由について「どんな役柄もこなす完璧な女優さんだからです。この映画はシム・へジンさんの独り舞台だとも言えるほど、エネルギッシュな素晴らしい演技を見せて頂きました」と大絶賛。
シム・へジンは「低予算で映画を作る後輩(ク・ヘソン)を手伝いたかったからです。共感できる作品なら、待遇より監督の情熱と可能性を見ますが、彼女はとても才能があり情熱が溢れています。シナリオもとても共感できます」と出演を決めた理由と作品に対する思いも熱弁した。
「Daughter」は第19回釜山国際映画祭の「韓国映画の今日ーパノラマ」部門に公式に招請され話題になっている。ク・ヘソン、シム・ヘジンが息を合わせ撮影された写真とインタビューは、「インスタイル」10月号と共に発行される「釜山国際映画祭特別版」に掲載される。(※こちらは韓国国内の販売になります)
●釜山国際映画祭 (10月2日〜10月11日)情報はこちらまで→http://www.biff.kr/intro/default.asp(韓国語、英語のみ)

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング