韓流10年歴史の集大成「韓流エンタメ館」に“関心集中”

THE FACT JAPAN / 2014年10月27日 15時21分

日本で10年以上愛されてきた韓流。その節目を迎える2014年9月にオープンした韓流体験館「韓流エンタメ館」が大きな関心を集めている。




日本で10年以上愛されてきた韓流。その節目を迎える2014年9月にオープンした韓流体験館「韓流エンタメ館」が大きな関心を集めている。
韓国観光公社(KTO)は、10年の歴史と共に発展してきた韓流の魅力を改めてアピールするため、駐日韓国大使館、韓国文化院、韓国コンテンツ 振興会と共同で「韓流エンタメ館」という施設を作り、日本で人気を博してきた韓流エンターテイメントの軌跡や最新コンテンツを紹介する空間を日本のファンに提供している。
コリアセンターの6階に設けられた同施設は、主にK-POP、ドラマ、映画などの五つの展示コーナーと2つの特別展示コーナーで構成されており、日本で大ヒットしたドラマと映画のポスター展示をはじめ、「冬のソナタ」「宮廷女官 ヤングムの誓い」など人気ドラマのハイライト映像の視聴、K-POPの鑑賞などが出来るようになっている。

まず韓流ヒストリコーナーでは、2002年から韓流12年の歴史を一年ごとにして、話題となったドラマやトピックスなどを紹介している。韓流放送局コーナーはKBS、Mnet、KNTV、DATVの各局のオンエアーコンテンツを放映しており、自由に視聴することができる。展示館中央に設置されている韓流スター等身大パネルコーナーではBIGBANGが飾られ、自画撮りを楽しめるゾーンになっている。K-POPコーナーは、CD、DVD、映像、音楽、サインCD、サイン入りポスターなどを展示。また、コーナータワーに備え付けのMP3プレーヤーでは新旧のK-POP音楽を体験聴取することができる。韓流ドラマ・映画コーナーではこれまでに上映された韓国映画の中で特に人気の高い作品のポスターを展示するとともに、備え付けのタブレット端末を通じて様々なドラマ・映画の内容が視聴できるようになっている。

スターPhotoゾーン「K―live」は韓流スターのライブが観覧できるコーナー。特に、韓流ブームの元祖と呼ばれる「冬のソナタ」のペ・ヨンジュンの等身大フィギュアや手形などが期間限定で展示されており、来客の注目を浴びている。

【所在地】〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-10 コリアセンター6階電話:03-5369-1755(平日9時〜17時)韓国観光公社東京支社と同じフロアです。
入館料:無料開館時間:平日の朝9時〜17時(午後12時〜13時の1時間は閉館します)休館日:土日祝

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング