令和最初の台風 3号が発生 近畿から関東に接近・上陸のおそれ

ウェザーニュース / 2019年6月27日 19時0分

ウェザーニュース

6月27日(木)18時、四国の南で発達中の熱帯低気圧が、台風3号(セーパット)になりました。

▼台風3号 6月27日(木)18時現在
 存在地域   室戸岬の南南西約200km
 大きさ階級  ーー
 強さ階級   ーー
 移動     北東 45km/h
 中心気圧   998hPa
 最大風速   18m/s
 最大瞬間風速 25m/s

台風はこのあとも北東に進み、今日27日(木)夜にも近畿から関東に接近・上陸するおそれがあります。

すでに西日本の太平洋側では大雨となっていますが、今後は近畿から関東にかけての太平洋側で激しい雨が予想されており、土砂災害や河川の増水等に警戒が必要です。

勢力が強くなくても大雨に警戒

台風自体の勢力はさほど強くはないものの、台風周辺の暖かく湿った空気や梅雨前線の影響で、今夜遅くから明日28日(金)未明にかけては紀伊半島から東海、明日早朝には関東南部を活発な雨雲が通過する見込みです。

雨のピーク時は、1時間に30~50mmの激しい雨の降るおそれがあります。道路冠水や視界不良、中小河川の急激な増水、土砂災害などに警戒が必要です。

関東は28日(金)の通勤・通学時間帯と重なる可能性があります。最新の情報をご確認ください。

沿岸部を中心に暴風にも警戒を

台風の進行方向の東側では、瞬間的には25m/sを超えるような暴風も予想されています。沿岸を中心に電車の遅延など影響が出るおそれがあるので、各交通機関のホームページなどで最新の運行情報を確認するようにしてください。

また、台風は今後、温帯低気圧の性質を帯びながら発達するおそれもあります。

令和最初の台風「3号」

台風の発生は約4か月ぶりで、1月に発生した台風1号、2月に発生した台風2号に続いて、今回が今年3つ目の台風です。

令和に元号が変わってからは1つ目の台風となりますが、台風番号は1月に1号に戻った後は通し番号が付けられるため、「令和元年台風3号」と呼ばれます。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風3号のセーパット(Sepat)は、マレーシアが提案した名称で、淡水魚の名前です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング