9月上旬は引き続き大雨に注意 全国的に気温高め(気象庁1か月予報)

ウェザーニュース / 2019年8月29日 16時50分

ウェザーニュース

気象庁は29日(木)、8月31日~9月30日までの1か月予報を発表しました。

9月に入っても東日本は特に残暑厳しく

この先1か月の気温

西日本から北日本にかけて、気温は平年並か高く、特に東日本では9月前半は平年よりかなり高くなる可能性があり、残暑が厳しくなりそうです。

沖縄や奄美では、9月は平年より晴れる日が多く、気温は平年より高くなって、夏を思わせる暑さがまだ続きそうです。

曇りや雨の日が多い1ヶ月に

この先1か月の降水量

9月のはじめにかけても太平洋高気圧の西への張り出しが強くなる一方で、大陸からも高気圧が張り出します。

東日本の日本海側や西日本では前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多くなり、平年より晴れる日が少なくなりそうです。

北日本や東日本の太平洋側は天気が周期的に変わりそうです。

9月中旬以降は、各地とも天気が周期的に変わるようになり、西日本の太平洋側でも晴れる日が多くなってきます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング