週間天気 週末は南岸低気圧による荒天警戒 天気は周期変化

ウェザーニュース / 2021年1月22日 5時45分

ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

・週末は広範囲で強い雨風に警戒
・気温高く、融雪災害に注意
・天気は周期的に変化

週末は広範囲で強い雨風に警戒

予想天気図 24日(日)9時

週末は本州の南の海上を低気圧が発達しながら進み、低気圧の進路に近い太平洋側を中心に雨や風が強まり、荒天のおそれがあります。

1月としてはあまりないような大雨や沿岸部では暴風が吹き荒れることが懸念されます。

また、南からは暖かく湿った空気が流れ込むため、北陸や東北でも平野部は雪ではなく雨になる見込みです。

最新の気象情報や交通情報を確認するようにしてください。

気温高く、融雪災害に注意

上空の寒気の流れ込みが弱まるため、気温が平年よりも高く、寒さが緩む日が多くなります。

北陸など大雪となっていた地域でも、雪ではなく雨が降る予想です。積もっていた雪がとけて、足元が滑りやすくなります。屋根からの落雪やなだれなどにも注意をしてください。

ただ、放射冷却による朝の冷え込みなどで、一日の中での気温差が大きくなる可能性があります。

また、来週後半は東京で再び最高気温が一桁の予想もあるため、一日の寒暖差に加えて、日ごとの気温変化にも注意が必要です。

天気は周期的に変化

今週末の南岸低気圧による天気の崩れから、週明けは回復して広く日差しが届きます。

しかし、週中頃には気圧の谷が日本列島に接近・通過し、再び広範囲で雨や雪になる予想です。

洗濯や、積雪エリアでの除雪など、晴天を有効にご活用ください。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング