【イベントレポ】「超新星」ユナク、グァンス 映画「この世の果て」上映会登壇!

Wow!Korea / 2014年8月12日 11時29分

「超新星」左からユナク、グァンス

人気K-POPアーティストグループ「超新星」のユナク、グァンス、ソンモ、ジヒョクと俳優兼歌手の、ノ・ミヌ主演による初恋をキーワードに <イノセントラブシリーズ> 3部作として制作された映画「愛の言葉」、「二度目の初恋!?がやってきた」、「この世の果て」。既に公開された2作に続き第3弾である「この世の果て」の舞台挨拶付きプレミアム上映会が8月11日(月)東京・新宿シネマートにて行われ、ユナク、グァンスが登壇した。

会場横扉から登場した、ユナクとグァンス。立ち見席がでるほどファンで埋め尽くされた会場から黄色い声が飛び交い、しばらく鳴り止まない歓声に二人は笑顔で手を振り応えた。黒の上下で、大人の雰囲気を醸し出すユナクと黒を基調とした衣装でジャケットにカラフルなラインが入り少しかわいらしさも混じったグァンス。ユナクとグァンスは過酷な運命に翻弄される男たちを熱演。「『この世の果て』でドングォン役をさせて頂きましたユナクです。よろしくお願いします」、「こんにちは、『この世の果て』でヒョックンを演じたグァンスです」と二人があいさつをすると大きな拍手が送られた。先行プレミア上映ということで上映前に様々な質問にユナクとグァンスが答え、ファンを楽しませた。

―完成した映画をご覧になった感想は?

ユナク:正直、韓国では映画が初めてだったので、どういう風に撮るのかわからなかったです。日本とは全然違う撮影方法なので。それで韓国人なのに逆に、慣れてなくてどうしようかと思いました。本当にうまくできるのか心配でしたが、(出来上がった作品を)グァンスと一緒に見たときは、うわっ!と思いました。予想以上でした。すごくいい作品になっていて、すごく自信を持っています。今日は楽しんでください。

グァンス:主役のみんなと監督さんたちと一緒に映画を見ましたが、ユナクが言った通り、すごく良い作品になっていると思いますし、自分たちが頑張って芝居をした作品をスタッフさんたちが上手く編集してくださって感謝しています。迫力のあるシーンも美しいシーンもあります。個人的にカメラ監督さんに感謝の気持ちを伝えたいです。

―お互いの演技を見た感想は?

ユナク:グァンス君の芝居も予想以上でした。すごくキャラが強く自分の個性が溢れているので、ヒョックンの役をすると聞いたときは大丈夫かなと心配はありました。でも、撮影する前の打ち合わせの時に台本を持ってきていたのですが、すごい勉強してきていて、グァンスがこんなに勉強するんだなと驚きました。撮影当日に一緒に芝居してみたら本当に芝居がしやすくて、自然な感じでした。もうご覧になった方もいらっしゃると思いますが、これから見る方もグァンス君の芝居にびっくりすると思います。自信あります。

グァンス:ユナク君が僕と芝居しやすかったと言ってくれましたが、(ユナクが)ドングォンのまま僕の前に立ってくれて本当に芝居がやりやすかったです。「超新星」のリーダーユナクではなくて相手の俳優さんとして毎日現場に来ていてすごくかっこいいなと思いました。

―役作りについて監督さんからやお互いにアドバイスすることなどありましたか?

ユナク:この映画を撮る前に僕たちが全国ツアーしている時、監督さんが名古屋にわざわざ来て下さったんです。その時に色々話しをすると、台本を変えようとおっしゃって、監督さんが少し変えたのですが、後から出来上がった台本を見てみたら、なるほど、さすがプロというような台本になっていて、僕もすごくやりやすくなりましたしグァンス君もそうだと思います。監督さんがすごく積極的で情熱的にこの映画に夢中になっている姿を見てその姿を見るだけで集中できて、僕もがんばろうと思えました。僕にとっては監督さんはそういう存在ですばらしい方です。

グァンス:撮影する前に何度も何度も打ち合わせをしたのですが、名古屋で初めてお会いした時には衣装のスタイルや髪形など、今のままで来てほしいと言われて、俺ってすごくやんちゃにみえるのかなと思いました(笑)。ヒョックンは何でもどんな時でも自分の感情を素直に表現する人だから、何でも思い切りやってくれと言われました。

―ユナクさん、ヒロイン役のチャン・ヒジンさんとのロマンティックなシーンの撮影はいかがでしたか?

ユナク:チャン・ヒジンさんは10年以上の経歴があるプロなので、どうやって合わせればいいのかと心配で悩んだ事もありましたが、最初の出会いから流れに任せてみようと思いました。最初はチャン・ヒジンさんと色々話をせずに会ってもあいさつだけして、撮影が終わると車に帰ったりしたのですが、一目惚れしないといけないという設定だったので、チャン・ヒジンさんが出演された過去の作品を見て、あぁ、こういう人なんだと把握して、そこからは映画の流れに合わせて仲良く話をするようにしていきました。(チャン・ヒジンさんは)プロだなと思いました。面白いことに「恋するキムチ」とか「無花果の森」とか相手役の女優さんは10年の経歴を持ったベテランさんばかりなんです(笑)

―グァンスさんは、男性ばかりの緊迫したシーンが多かったようですが撮影現場はどのような感じでしたか?

グァンス:本当に緊迫してました(笑)。韓国で実力のある俳優さんたちと共演できて勉強になりました。撮影の合間はすごく雰囲気も良くみんな仲良くて、撮影に入るとまた緊迫した雰囲気になるという本当にプロの世界をたくさん感じました。

―作品の中ではドングォンとヒョックンが5億ウォンの仕事を引きうけたことがきっかけで物語が動き出しますが、もしも5億ウォン(日本円で約5000万円)が手に入ったら何に使いますか?

ユナク:5億ウォンですよね…。とりあえず、「超新星」のライブに力を入れたいなと思います。シングルのPVにももっと力を入れたいですね。ファンのみなさんとの無料ファンミーティングも開いて…。残ったらハワイにでも行きたいなという気持ちもあります(笑)

グァンス:5000万円…。日本で車を買いたいです。そして、残りのお金全部で「この世の果て」の映画のチケットを買ってまだ見ていない「ミルキーウェイ(=「超新星」のファン)」のみなさんにプレゼントしたいです。(会場からは大拍手が送られる)

―エンディング曲は二人が担当されていますがそれぞれの楽曲の印象は?

ユナク:映画の撮影が終わってから作業したのですが、仮の歌を聞いたとき、映画とすごく合うなと思いました。そして制作会社の方が日本語でも作ってくださると言ってくださったのですごくうれしかったです。聞くと切ないユナクらしいバラード曲になっていると思うのでみなさんも聞いてみてください。

グァンス:いつも「超新星」の時や自分のソロ曲をレコーディングするときは、ものすごくかっこつけてますが、今回は映画の最後のシーンの気持ちで歌詞を伝えるためにがんばってレコーディングしたのでみなさんぜひ毎日一回ずつ聞いてください。

―最後にメッセージをお願いします。

ユナク:たぶんこの映画を見たら、「あぁこの二人本当にがんばったな」と思うと思いますし、すごく良い作品になっています。流れ的にも一回も眠いと思わない作品だと思います。自信があります(笑)。僕はスタッフさんに、日本のみなさんが見ると合わないんじゃないかな。日本の映画と全く違う形なので心配だと言ったことがあります。でも逆にこういう映画もあるという事をみなさんに紹介できてうれしいです。映画の感想をTwitterとかにつぶやいてください。僕も見ていますので(笑)。

(見ているというユナクにファンが、「返事して」とお願いすると…)

厳しい評価でも、よかったよという評価でもいいので、それを見て感動したら書きます。

(ファンからは「えー!!」とブーイングが起きる。すると)わかりました。今日全部終わったら家に帰って書きます。本当に良い作品でみんなでがんばった作品なので楽しく見てください。今日来て下さってありがとうございます。

グァンス:僕は誰にも負けない映画マニアで色んな映画を見ているのですが、ハリウッド映画も色んな良い作品があるじゃないですか、でも僕らの「この世の果て」も一生懸命スタッフみんながチームを組んで作り上げた作品なのでぜひ色んな方々に見て頂きたいです。子供を連れている方は、最後のエンディングシーンだけは目を隠してくださいね(笑)。

フォトセッションにもさまざまなポーズを見せ、舞台挨拶中には会場全体を見渡すユナクとグァンス。すべての観客に手を振るように笑顔を見せつつステージを後にした。

ユナクが演じるのは、初めて愛した女性をすべて懸けて守る男。その寂しげで、悲しげな表情の合間に見せる笑顔、一人組織に立ち向かうために戦う姿はファンならずとも注目せずにはいられない。そして裏社会を必死に生き抜こうともがく男を演じるグァンス。組織と友情の狭間で揺れ動く苦悩と葛藤を見事に表現。命に代えても君を守るというユナク&グァンスが贈る儚くて切ない物語。この夏必見の一作。映画館にぜひ足を運んで頂きたい。

◆『この世の果て』2014年8月2日よりシネマート六本木、8月9日よりシネマート心斎橋にて公開中!札幌、宮城、愛知、広島、福岡、9月より順次公開!

(c)Apollon Cinema.2014.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング