じわり話題の女優・文音とは?長渕剛、長女の知られざる魅力と今後【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2018年3月31日 11時45分

写真

じわり話題の女優・文音とは?長渕剛、長女の知られざる魅力と今後

際立った演技で注目を集める役者さん。その中には二世俳優など、大物の遺伝子を持つ人物がいますよね。



実のところ、星の動きでは、今年中旬に天王星が牡羊座から牡牛座に一旦移行することで、個性が光る人に注目が集まります。

自分らしさやこだわりを持つことを望み、例えば持って生まれた能力、自分の遺伝子的価値に目覚めて、それに喜びと可能性を感じることも増えるでしょう(その流れは来年のほうが強まります)。

■大女優とのダブル主演作2本が公開
こういった流れの中、編集部との打ち合わせで注目したのが、今月の新月にお誕生日を迎えた女優の文音さんです。今回は彼女の魅力を占星術でひも解きます。誰の中にもある持って生まれた能力、何とか引き出したいものですね。

文音さんは、3月24日公開の映画『おみおくり』で高島礼子さんとダブル主演、そして4月14日公開の『ばぁちゃんロード』では草笛光子さんとダブル主演しています。

お父さまは歌手の長渕剛さん、お母さまは元アクション女優の志穂美悦子さんと、いわば芸能界のサラブレッド。でも、調べた限りでは、有名人の娘であることをひけらかすことなく、演劇留学するなど勉強熱心な方です。ご両親をリスペクトしつつも、自分らしく上書き中なのかしら。

女優デビューは2008年。『三本木農業高校、馬術部 ~盲目の馬と少女の実話~』という映画に主演し、吉高由里子さんや松田翔太さんと同時に、第32回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

その後、出演したドラマの影響で演劇留学をし、2014年5月に帰国して女優業を再開したのだとか。

■文音さんってどんな女優?

文音(1988年3月17日生まれ)


太陽:魚座/月:魚座/金星:牡牛座/火星:山羊座


https://cocoloni.jp/365birth/1988/3/17/F/



◎これからの仕事について


魚座新月に30歳の誕生日を迎えた文音さんは、太陽も月も魚座。なので今後は自分の弱さを味方にして、大きな仕事をこなしていくだろうと筆者は予測します。

占星術では太陽は表の顔、月は裏の顔を示すので、文音さんは普段から表裏なく自然体。優しくてマメで、どんな状況でも、どんなに苦手な相手でも、とりあえず引き受ける包容力がありそうです。

一方で、与えられた環境にドップリと甘えてしまうところも…。魚座は創造力と芸術性に優れている星座だけに夢見がち。なので、演劇留学など、夢を叶えようと自由な環境に身を置くことで、魚座気質の魂は解放されて、むしろ少し現実味が増します。今後の彼女の演技に注目です。

デビュー当時の空の星の動きを見ると、魚座に天王星が。魚座の彼女に大きなチャンスが舞い込みました。でも、山羊座木星や乙女座土星もあり、二世ということへの世間の注目や評価も多かった可能性が。いわゆるプレッシゃーを感じ、実力をつけたくなったのかもしれません。

現在は、蠍座木星や山羊座土星があり、魚座の彼女は比較的、穏やかに動けます。中旬に牡牛座に天王星が入ると、積極的にアピールしていくような動きもありそうです。

■偉大なご両親との関係は?

長渕剛(1956年9月7日生まれ)


太陽:乙女座/月:天秤座/金星:蟹座/火星:魚座


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング