[選手権]「化ける要素はある」昨年度全国8強の日章学園が2回戦進出

ゲキサカ / 2015年1月1日 0時12分

[選手権]「化ける要素はある」昨年度全国8強の日章学園が2回戦進出

[12.31 全国高校選手権1回戦 新屋高 0-2 日章学園高 駒沢]

 31日、第93回全国高校サッカー選手権は東京・駒沢陸上競技場で1回戦を行い、初出場の新屋高(秋田)と昨年度ベスト8に進出した日章学園高(宮崎)が対戦。日章学園がMF河野翔太(3年)の2得点で新屋を退けた。日章学園は1月2日に行われる2回戦で國學院久我山高(東京A)と対戦する。

「こっちに来てから良いトレーニングができていなかった。今日の朝も選手を集めて、説教みたいなモノをして、『こんなんじゃ勝てないぞ』という事を伝えた。この大会で持っているモノを全部出して、日本一を目指してきたはずが前向きなプレーができていない」。

 試合後に早稲田一男監督がそう嘆いたように、日章学園は低調なプレーが続き決定機を作れないスタートを切った。それでも、前半23分には足でボールを処理した新屋のGK小嶋玲央(3年)に対し、FW村田航一主将(3年)がボール奪取にチャレンジ。キックが身体に当たり、ボールはゴールマウスに向かったが、小嶋が辛うじてキャッチし、得点とはならず。26分にも相手DFが競ったこぼれ球を左サイドで村田が拾い、ドリブルを開始。PA直前で倒されてFKを獲得すると、これをMF野崎悠(2年)が左足で狙ったが壁に阻まれた。日章学園が押し込む展開が続く中、試合が動いたのは29分。右後方からの縦パスに村田が反応。ゴールライン際で追いつき、バランスを崩しながらも低いクロスを入れると、反対サイドの河野がゴール前に飛び込んでボレー。まっすぐゴールに向かった一撃がネットを揺らし、日章学園が先制した。

 早稲田監督が「前半はシュートをほとんど打たれず、先制もできたので悪いなりに良かった。でも、もっと中盤でプレッシングをかけて、ボールを奪いたかった」と振り返った前半から一転、後半は新屋の猛攻を受けることに。後半2分には新屋が自陣でボールを奪い、前線にパスを入れると、引いて受けたFW目黒貴大(3年)が右のスペースに展開。飛び出したMF鈴木崚大(3年)がフリーで抜けて、ドリブルからシュートを狙ったが枠の左に逸れた。5分にも右で受けた目黒がキープから中央に切れ込み、ゴール前にスルーパス。鈴木が反応したが、GK松井朝輝(2年)が冷静に対処した。10分にもPA左の目黒がDFの間にボールを通すと、MF加藤零士(3年)が反応。GKと接触しながらもシュートを打ったがGKがブロック。こぼれ球を再び狙ったものの、日章学園DFが身体を張って、ゴールを割らせなかった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング