【公演レポ】「BIGFLO」ガールズグループよりもキレイでセクシーなボーイズ5人組!?

Wow!Korea / 2014年11月24日 20時48分

5人組ボーイズグループ「BIGFLO」の日本初となる単独コンサートが11月9日(日)、東京・新大久保のK-STAGE Oで開催された。

ステージに5つの影が現われると同時に、客席はオールスタンディングに。力強いラップ曲「FIRSTFLOW」、続いてデビュー曲の「ディライラ」とともに、会場がひとつになり、大きく揺れた。

5人組ボーイズグループ「BIGFLO」の日本初となる単独コンサートが11月9日(日)、東京・新大久保のK-STAGE Oで開催された。「BIGFLO」は、ことし6月に「ディライラ」で韓国デビュー。日本語が堪能なリーダーのジョンギュン、ウォーカルはモデル経験があるロンと中国語が得意なユソン、そしてラップのジウクとハイトップはそれぞれB-BOYやインディーズラッパーとしてのバッググラウンドがあるという、一人一人が強烈な個性を放つグループだ。

「こんな風にみんなであいさつできるようになって、本当にうれしいです!」と、2曲終えたところで、ジョンギュンが日本語であいさつ。ロンが「平均身長高めのメンバー、ビジュアル担当です」と自己紹介すると、まわりのメンバーが「ない、ない!」と突っ込みを入れたり、ユソンが「僕は心臓がドキドキです」と言うと、ファンから「カワイイ!」という声が飛んだりと、和気藹々。ジウクが好きな日本料理は「チャーシュー麺」、ハイトップのお母さんは日本語の先生だが、「日本語は全然話せません(笑)」など、意外な(?)素顔も明かした。

また、日本に初めて来たロンは、「タクシーを降りたお客さんがドアを閉じないで去っていって、ドアが自動で閉まったので、ビックリしました!」、「そのロン君を見て、僕がビックリしました!」と、ジョンギュン。「タクシーの自動ドアのおかげで、日本滞在が本当に楽しかったです。最高です!」と、ロンが親指を立てると、会場は大爆笑となった。

スツールに座り、ミディアムテンポの「何やってる またやってる」をしっとりと歌い上げた後は、ジョンギュンとユソンによる2人だけのステージ。バラード曲「Missing You」と「JYJ」の「チャジャッタ(見つけた)」を2人で時折目を合わせながら、息ピッタリのハーモニーでじっくりと聞かせた。

「どうでしたか?」とジョンギュンが会場に問いかけると、大きな拍手。「ユソン君は、バラードを歌うときもかわいいですよね!」というと、再び「カワイイ!」の声が飛び、ユソンがはにかんだ表情を見せた。

次は、ハイトップのソロステージ。「本物のラップをお見せします。ちょっと怖くても、受け取ってくださいね!」と、「World Cup Songアニャ+Google Me」を披露。上着を脱いで肩にかけ、「Say, ハイトップ!」というかけ声に会場が呼応して、場内はヒートアップ。最後にバンダナを会場に投げると、大きな歓声が上がった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング