【イベントレポ】パク・ギウン皆さんに3つの言葉を贈ります。「会いたい! ありがとう! 愛してる! 」

Wow!Korea / 2014年5月1日 20時48分

ファンとの交流を楽しむ俳優パク・ギウン

ドラマ「フルハウス TAKE2」、映画「隠密に偉大に」(原題)出演の俳優パク・ギウンが、5月8日(木)に入隊することが決まり、入隊前最後に4月29日(火)東京・日本教育会館一ツ橋ホールにてファンミーティング「パク・ギウンのうちくる?!~Welcome&my home!!~」を開催した。

パク・ギウンは韓国で昨年公開され観客動員数500万人突破した映画「隠密に偉大に」など数々のヒット作に出演し実力派として注目され、日本でも人気上昇中の俳優。今回のファンミーティングは、入隊を目前とし、いつも遠くから応援してくれる日本のファンへ感謝の気持ちを伝えたい、みんなで楽しく過ごしたいという彼の気持ちを反映して行われた。

雨の予報にも関わらず大粒の雨が降ってくる様子もないファンミーティング当日。会場が暗転し、パク・ギウンは爽やかなブルーのトップスに黒のパンツ、白のスニーカーというホームパーティーというコンセプトの下にカジュアルなスタイルで「Creep」を歌いながら登場。パク・ギウンの姿を見つけるとファンは大歓声。会場は歓声と拍手で溢れ返った。そんなファンに投げキッスをし、満面の笑みで遠くのファンにも手を振って声援に応えた。曲中では「歌詞を間違えたかな?」とハングルでつぶやき、笑顔を見せた。

曲が終わると、部屋のチャイムの音と共に、司会の藤原倫己が「ヒョン、アンニョンハセヨ」(お兄さん、こんにちは)と登場。藤原倫己とファンをパク・ギウンの家に招待するという形で行われた今回のファンミーティング。舞台のセットはもちろん、パク・ギウンの部屋。

ソファーや、タンブラー等の愛用品が置いてあるテーブル、実際に撮影で使ったという日本で買った思い入れのあるシャツや韓国の消防隊員達が着ているというシャツなどが掛けられたハンガーラック。白で統一された家具たち。家具は「自分が用意したものじゃない。」「僕の家はブラックのものが多い。」「今日はキレイに準備してもらったけど、僕のスタイルではない!」と正直な答えに、ファンは大爆笑。

戸棚には卒業アルバムもあり、「アルバムの中身はパク・ギウンの写真があるようなフリをしてくれとスタッフから頼まれたんだけど…。」とアルバムの中身をファンに見せ、白紙の中身を公開してしまう、またもや正直なパク・ギウンにファンは笑いを隠せない。しかし、「実は両親に頼んでまだ非公開の、子供の時の写真を用意したんだ」と胸を張って主張するが、拍手が小さくその反応を見たパク・ギウンは「藤原倫己と二人で見るよ」といじけてしまう。会場は、見たーい!!という声と大拍手で先ほどより大きな反応を見せた。その写真は普通に見ると楽しくないだろうと、○×クイズ形式でクイズをしていきながら写真を見ることに。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング