『カメラを止めるな!』の熱狂拡大 夏の映画特集

2018年8月10日更新

画像 新人監督『カメラを止めるな!』満席続出で拡大ロードショー決定 / クランクイン! 映画・セレブゴシップ

単館上映からのスタートながら異例の大ヒットで全国ロードショーへ拡大した『カメラを止めるな!』など、今夏も話題の映画が目白押し。その中から夏休みにぴったりなオススメの映画をご紹介します。

現在公開中の話題作 邦画編

カメラを止めるな!

公開日2018年6月23日
監督上田慎一郎
キャスト濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、長屋和彰、細井学、市原洋、山﨑俊太郎 ほか
公式サイト 映画『カメラを止めるな!』公式サイト

「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる」――このキャッチコピー通りの展開で「ネタバレ禁止」ながらSNSを中心に口コミで評判が広まった『カメラを止めるな!』。その人気の背景とは?

監督や俳優もほぼ無名 低予算「ゾンビ映画」が大ヒット

製作費わずか300万円、監督も俳優もほとんど無名、6月23日に都内2館のミニシアターで始まった映画が、8月3日から全国80館近い劇場で拡大公開となる。新たな劇場のなかには、国内では1位2位の動員力を競うTOHOシネマズ日比谷やTOHOシネマズ新宿なども含まれ、映画ビジネスの世界でひさびさに生まれたシンデレラストーリーとして注目を集めている。
物語の舞台は、山奥の廃墟。自主映画の撮影隊はゾンビ映画の撮影を始め、本物を追求する監督の情熱は凄まじく、なかなかOKを出さず、撮影は過酷を極める。そんな状況下、現場に本物のゾンビが出没。襲われたスタッフがゾンビ化する中、監督はひたすらカメラを回し続ける…。

連日上映決定館数が増加中

上に紹介した7月28日配信の記事では「8月3日から全国80館」とされていた上映館数ですが、その後連日のように増え続け、8月3日には「124館まで拡大決定」と伝えられたかと思ったら、昨日9日には「150館まで拡大決定」という記事が来ていて、とどまるところを知らない勢いを見せています。

2館から公開がスタートした『カメラを止めるな!』が、全国150館まで拡大公開されることが8月9日、わかった。これにより日本全国47都道府県で上映されることになる。
先週末(8/4、5)の時点では16館での上映にもかかわらず、全国映画動員ランキングで10位にランクイン。週末観客動員数ミニシアターランキングでは3週連続1位をキープ。現在、動員は15万人を突破しており、毎日上映決定館数が続々と増える社会現象的なムーブメントとなっている。

37分におよぶワンシーン、ワンカット

ゾンビ映画『ONE CUT OF THE DEAD』の撮影中に、なんと本物のゾンビが襲来。監督は“本物キタ~!”とばかりに大喜びで撮影を続けるが、助監督や録音技師などスタッフたちが次々とゾンビ化していく…。
それはワンシーン、ワンカット、37分におよぶ長回しという、かつてない試みのゾンビサバイバル。いかにも低予算であるためか、奇妙な“間”に意味不明なセリフ、グダグダの展開。違和感だけが観る者を包みこんでいくが、まさかの展開が待ち受けていた――。

そんな37分もの「グタグタ」からまさかの急展開が訪れ、大爆笑、果てにはエンドロール後に拍手が自然発生するという事態に。そんな緻密な脚本も評判を呼んでいます。

指原莉乃や斎藤工も絶賛

本作の注目度が上昇したきっかけのひとつと言われているのはHKT48・指原莉乃のツイートです。

このツイートには出演者の秋山ゆずきも感激したようです。

指原は後日、さらに本作についてツイートしています。

また、映画マニアとして有名な斎藤工もブログで熱いコメントを残しています。

著名人たちが続々と称賛の声を寄せるなか、ブログで熱いコメントを寄せたのは俳優の斎藤工(36)だ。
〈【カメラを止めるな!】ちょっと待ってくれ 面白過ぎる やい 映画関係者達よ 邦画の現状・実状をやいのやいのと嘆く前にこの映画を観るべし 『カメラを止めるな!』の “角度” はそれら全ての答え(打開策)では無いだろうか〉
まるで“挑戦状”ともとれる情熱ほとばしるメッセージを、関係者に突きつけたのだ。

「斎藤さんの映画マニアぶりは有名。ジャズをテーマにした米映画『セッション』(15年)の公開前には、自ら“PR大使”を買って出て集客しました。もともと、ゾンビ映画好きを公言。イベントでは、デートムービー用のゾンビ映画をオススメするマニアぶりです。そんな斎藤さんにとって、この和製ゾンビ映画はまさに“ストライクゾーン”のど真ん中に突き刺さったようです。今後、斎藤を呼んでのイベントが実現するかもしれません」(芸能記者)

未来のミライ

公開日2018年7月20日
監督細田守
キャスト上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子 ほか
公式サイト 「未来のミライ」公式サイト

『時をかける少女』『バケモノの子』などを手がけた細田守監督の最新作

『サマーウォーズ』『バケモノの子』の細田守監督が手がける、3年ぶりの新作映画『未来のミライ』が7月20日より公開。近年、家族をモチーフにした作品が多い細田監督ですが、今回はなんと4歳の男の子が主人公という冒険的な作品。
【あらすじ】とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)のもとに生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。そんな時、くんちゃんは庭で未来からやってきた妹、ミライちゃんと出会います。ミライちゃんに導かれ、時を超えた家族の物語へと旅立つくんちゃん。それは小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まり。果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?ミライちゃんがやってきた本当の理由とは――。

子育て夫婦をリアルに表現

映画が始まるやいなや、時間に追われるバタバタ感や、おそるおそる育児をする夫など、子育て中のママには共感できるシーンがつぎつぎと目に飛び込みます。
そのリアルさはアイテム描写にも言えることで、定番の玩具や絵本がそのまま登場するため、アニメにもかかわらず、ドキュメンタリーを見ているのかと錯覚をおこすほど。

自身も二児の父親である細田監督のリアルな実体験が作中に表現されているそうです。

──「好きくない」とか、くんちゃんのセリフがリアルですね。あるシーンで、散らかっている方が面白いから、とおもちゃ箱をひっくり返して部屋をグチャグチャにします。あれは実体験ですか?

細田監督:そうです(笑)。たとえば、休みの日には朝から延々と電車のおもちゃを敷き詰めて、グッチャグチャにして、そのまま寝るわけです。夜、夫婦でそれを片付けていました(笑)。毎日、作っては壊し、作っては壊すの、繰り返しなんですよ。

主人公の声に「違和感」?

主人公となる4歳の男の子・くんちゃんの声は「東宝シンデレラ」の上白石萌歌が担当。ところが4歳男児を18歳の女性が演じることに違和感を覚える人もいるようです。

中でも、くんちゃんの“声”に関するクレームが多い。今回4歳の幼稚園児を演じたのは、女優の上白石萌歌(18)。過去にテクニックより人間性を求めていると語ったこともある細田監督は、プロの声優ではなく、女優や俳優を起用する傾向にある。だが、18歳の上白石が4歳男児を演じることはやや無理があり、ネットでも「違和感しかない」「声が完全に成人女性」「子供に聞こえない」という不満の声が目立つ。
細田監督は「(声優が決まる前は4歳の男の子の役を)まさか18歳のこんな可愛い人がやるとは思っていませんでした。オーディションで『このくんちゃんの役は上白石さんだ』と気づいたときに、自分でもびっくりしました」と振り返った。
監督がびっくりするぐらいですから、そりゃもう観客がびっくりしないわけはないでしょう。
当然、私もびっくりしてしまいまして、ラストの5~10分くらい前まで違和感が消えることはありませんでした。くんちゃんの声を演じた上白石萌歌さんに責任があるというわけでもなく。何故にこのキャスティングのままでOKになったのだろうか。

劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命–

公開日2018年7月27日
監督西浦正記
キャスト山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介 ほか
公式サイト 映画『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命–』公式サイト

公開3日間で興収15億円突破

7月28~29日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』が、初週土日動員81万1000人、興収10億9600万円をあげ、初登場1位に輝いた。7月27日からの3日間の累計は動員116万人、興収15億4800万円を突破する大ヒットスタートを切った。
同作はフジテレビの同名ドラマを映画化したもので、山下をはじめ新垣結衣・戸田恵梨香・比嘉愛未・浅利陽介らレギュラーキャストが集結。さらに新田真剣佑やかたせ梨乃らを共演に迎え、ドラマ版と同じく西浦正記が監督を務めた。

「6人目」の仲間気分になれるMX4D・4DX上映 8月17日よりスタート

『劇場版 コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』にて、アトラクション型特別興行【MX4D】【4DX】上映が、8月17日より全国74の劇場で行われることが発表された。
MX4D・4DX上映では、映画のシーンに合わせて、客席のシートが前後、左右、上下に動くほか、風やミスト、香りや光、水しぶきや振動など数々の特殊効果が作動。まさに、藍沢、白石、緋山、冴島、藤川が、劇中で感じた『コード・ブルー』の現場を、6人目の仲間として体感できる内容になっている。

対象劇場の詳細は下記サイトでご確認ください。

丸刈りで出演した山谷花純に注目集まる

山谷花純さん(@kasuminwoooow)がシェアした投稿 -

結婚を控えた末期がんの女性を丸刈り姿で演じた女優・山谷花純が話題になっています。

山谷は末期がんで“丸刈り”となった花嫁・富澤未知を演じており、その演技力に観客は思わず号泣。Twitterでは《山谷さんの演技、とても素敵でした。未知ちゃんに感情移入してずっと泣いてました。。》《山谷花純さんの演技に引き込まれ涙腺崩壊しました》と感動の声が上がっている。

山谷は引退を覚悟してオーディションに参加していたようで、そういった本作へかけた強い思いを自身のブログで明かしています。

彼女が現在の心境が記したのが、「想いを伝える。」と題したアメーバ・ブログ(7月27日に投稿)。1つ1つの言葉を大切にしながら書いたであろうこのブログからは、「このオーディションに落ちたらこの仕事を辞めると決めて受けた作品と役でした。続けなさい。飛びなさい。作品にそう言われた気がします」「10年前の私は、人生で坊主にする日が来るなんて思ってもいませんでした」と『劇場版コード・ブルー』にかけた決意や、そこに至るまでの心の葛藤が見てとれる。

現在公開中の話題作 洋画編

ジュラシック・ワールド/炎の王国

公開日2018年7月13日
監督J・A・バヨナ
キャストクリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード ほか
公式サイト 映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公式サイト

世界的大ヒット『ジュラシック』シリーズ最新作

映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック』シリーズ。2015年には世界的に爆発的ヒットとなったシリーズ新3部作の第1章『ジュラシック・ワールド』が公開され、現在その2章目にあたる最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が上映中だ。公開された69の国と地域でNo.1を獲得し、全世界累計興行収入は約12億ドル(約1350億円)を突破するなど、世界中が熱狂している作品となった。
〈あらすじ〉
恐竜のテーマパーク「ジュラシック・ワールド」が崩壊し、恐竜だけが暮らす島に、火山が大噴火する兆候が表れた。ジュラシック・ワールドの元運営責任者で、現在は恐竜保護団体の代表を務めるクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は、ロックウッド財団を運営するミルズ(レイフ・スポール)から11種の恐竜の救出を依頼される。リストには、高い知性と戦闘能力を持つヴェロキラプトルのブルーが入っていた。孵化した頃からブルーを育てたオーウェン(クリス・プラット)は、クレアに請われて島に入る。ブルーとの再会を果たした瞬間、ミルズが雇った傭兵がブルーを奪い去る。

2018年最速で50億円を突破

本作が待望の日本公開を迎えると、2015年度公開映画の“年間興行収入No.1”に輝いた前作『ジュラシック・ワールド』の初週成績を大幅に更新する驚異的な数字をたたき出しし、2週連続No,1の特大ヒットスタートを切る、目覚しいほどの動員数も記録。そして公開18日目を迎えた7月30日(月)には、早くも累計動員数340万1,007人、累計興行収入50億6,125万2,100円を突破し、2018年公開映画のうち、最速で50億円超えを果たした作品として記録を更新した。

主人公オーウェンとブルーとの絆

母親代わりとなってヴェロキラプトル4姉妹を育てた主人公オーウェン。オーウェンと4姉妹の“長女”ブルーとの愛情あふれるストーリーも本作の見どころのひとつ。

オーウェンを演じたクリス自身も「オーウェンとブルーの関係が発展して行く様子を通して、人間と恐竜の関係というものがどういうものであるかが明確になっていくはずだ」と語っており、シリーズで初めて恐竜のために行動を起こす人間たちの姿が描かれる本作への期待は高まるばかり。果たしてブルーとオーウェンの関係はどうなるのか。

“ジュラファン”がオーウェンとブルーのイラストをSNSに投稿

SNS上では、主人公オーウェンとヴェロキラプトルのブルーなど、「ジュラファン」が投稿した人気キャラクターのイラストが多く見られ、拡散されている。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

公開日2018年8月3日
監督クリストファー・マッカリー
キャストトム・クルーズ、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン ほか
公式サイト 映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』公式サイト

大人気スパイアクション『ミッション:インポッシブル』の6作目

トム・クルーズ主演の人気スパイアクションシリーズ第6作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が公開された。
アメリカの秘密機関IMFのエージェント、イーサン・ハント(クルーズ)は、盗まれた三つのプルトニウムの回収に失敗。裏組織がもくろむ“同時核爆発”を阻止するため、プルトニウムの奪還に挑む。
だから副題は「fallout=放射性降下物」。監督は前作『~ローグ・ネイション』(15)のクリストファー・マッカリーが続投し、DCコミックス映画でスーパーマンを演じているヘンリー・カビルが新たに参戦した。

シリーズお馴染みの“ノースタント”

「ミッション:インポッシブル」シリーズと言えば、トム・クルーズ自らがノースタントで挑む、“すべて本物”のド迫力アクションが見どころ。本作でも、パリ・凱旋門前を爆走する “バイクアクション”や、骨折アクシデントから見事復活して挑んだ “ビルジャンプ”、2000時間の飛行訓練の末にトム自らヘリコプターを操縦した“超絶ヘリスタント”、トムが長年の夢だったという上空7620mから時速320キロで落下する”ヘイロー(HALO)ジャンプ”など、驚きのアクションが目白押し。

共演者が語る“トム・クルーズ伝説”

共演者のヘンリー・カヴィルがトム・クルーズの撮影秘話を打ち明けました。

今回の撮影を通してありえないと思ったのは、上空7620メートルからダイブするヘイロージャンプとか、実際にヘリコプターの免許を取って操縦しながら演技をしていたこと。そういうすごいスタントを生で見ていて素晴らしいなと思ったし、やっぱりすごいことだよね。あとは、全治9か月と言われたほどひどい足首の骨折をしておきながら、その6週間後にはもう全速力で走っていたというのもちょっと驚異的だなと感心してしまったよ。

日本語吹替版に抜てきされたDAIGO「マジでいいの?」

DAIGOが演じるのは、イーサン・ハントの前に立ちはだかるライバルの敏腕CIAエージェント、オーガスト・ウォーカー役(ヘンリー・カヴィル)。大役を得たDAIGOは「まさに“M:I”という感じ。マジでいいの?って」とDAI語で感想を吐露。

DAIGOが「マジでいいの?」と感じた背景には「不評だったこともあった」という過去のアフレコ経験があるようで、そのひとつは2008年の映画『ウォンテッド』です。

実はDAIGOさん、約10年前に初めて米アクション映画『ウォンテッド』で日本語版声優に挑戦した。女スパイ(アンジェリーナ・ジョリー)のもと暗殺組織の一員として命がけの戦いに身を投じる主人公(ジェームズ・マカヴォイ)の声を担当。ところが、俳優陣の演技と息の合っていないセリフ読みに酷評が相次いだ。
2014年8月23日のフジテレビ系「土曜プレミアム」でこの映画を放送した際、DAIGOさんの声に違和感を覚える視聴者がツイッターに続出したほどだ。DAIGOさん本人は放送前、自身のツイッターで「まさに大抜擢でした!僕なりに全力でやりましたが......」と宣伝。だが視聴者の評価に心が折れたのか、放送中にこんなツイートを投稿していた。

そして今回、8月3日に『M:I』が公開されるとネットではまたも不満が相次いで炎上状態に。一方で「思ってたより良かった」「うまくなってた」などと評価する意見も多かったようです。

オーシャンズ8

公開日2018年8月10日
監督ゲイリー・ロス
キャストサンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ ほか
公式サイト 映画『オーシャンズ8』オフィシャルサイト

犯罪ドリームチーム『オーシャンズ』シリーズ最新作

サンドラ・ブロック演じるデビー・オーシャンを中心に最強チームを結成。個性豊かな面々でゴージャスなだましの連続をスリリングに描く映画「オーシャンズ8」が、8月10日(金)から公開となる。
型破りな強盗をくわだてるデビー・オーシャン。今回のターゲットは、ニューヨークで開催される世界最大のファッションの祭典で、ハリウッド女優が身に付ける1億5000万ド ルの宝石だ。彼女は個性豊かな仲間を集め史上最強の犯罪ドリームチーム「オーシャンズ」を新結成。リアルタイムで全世界中に配信され、600人以上のセレブが集まる世界一厳しいセキュリティーの会場で堂々と盗み出すという前代未聞の計画は成功するのか!?

『銀魂2』とコラボ

『オーシャンズ』シリーズの最新作『オーシャンズ8』と小栗旬主演の『銀魂2 掟は破るためにこそある』。この夏公開の2つの注目作が、夢のコラボを果たした豪華なビジュアルが解禁された。
表情は真剣そのものな『銀魂2』のメンバーと、デビ―を筆頭に皆不敵な笑みを浮かべる『オーシャンズ8』メンバー。大作同士の熱い攻防戦を予感させるビジュアルが完成した。

8月8日が“『オーシャンズ8』の日”に制定される

映画『オーシャンズ8』(8月10日全国公開)にちなんで、8月8日が“オーシャンズ8の日”として、一般社団法人 日本記念日協会から正式認定された。これを記念して、本作でハリウッドの大女優ダフネ・クルーガーを演じたアン・ハサウェイが、祝福コメントを寄せている。
アンは、“オーシャンズ8の日”制定について「オーマイゴッド! 素敵なアイデアね! 日本の女性がこの日は思いっきりリラックスして、幸せな気分になれるドレスに身を包んで、幸せを分かち合える大好きな女友達と、一緒に美味しいワインを飲むような日になって欲しいわ」と大感激。漢数字の“八”が、日本では末広がりで縁起の良いこと知った彼女は「それじゃ『オーシャンズ9』は作らない方がいいのかしら……それは冗談(笑)」とユーモアを交えてコメント。

これから公開予定の期待作 邦画編

検察側の罪人

公開日2018年8月24日
監督原田眞人
キャスト木村拓哉、二宮和也、吉高由里子、平岳大、大倉孝二、八嶋智人、音尾琢真、大場泰正 ほか
公式サイト 映画『検察側の罪人』公式サイト

木村拓哉と二宮和也が初共演のミステリー

「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。東京地検刑事部のエリート検事・最上(木村さん)と、駆け出しの検事・沖野(二宮さん)は、都内で発生した犯人不明の殺人事件を担当することに。やがて、過去に時効を迎えた未解決殺人事件の容疑者だった松倉という男が浮上すると、最上は松倉を執拗に追い詰めていく。その姿に、最上に対する沖野の“信頼”は“疑念”に変わっていく――。

「頼りがいある後輩」「常にトップを走り続ける存在」互いに称賛

8月6日に完成披露試写会が行われ、木村と二宮が同時に公の場に登場するのもこの時が初めて。壇上の二人は良き先輩後輩関係をうかがわせるコメントを残しています。

初共演の感想を問われた木村さんは「皆さんの前だからとか、カメラがあるとか関係なく、胸を張って言えるのは…」と前置きし、「一緒に作品づくりをする上で、これほど信頼できる共演者はめずらしい。頼りがいがある後輩です」と二宮さんを大絶賛! これには二宮さんも「いい人生ですよ、まじめな話…」としみじみ。
その二宮さんは「木村さんといえば、立ち位置やスタイルを変えず、常にトップを走り続けている存在。ご一緒するチャンスに恵まれただけじゃなく、お言葉までいただいて…、感謝っす」と感激しきり。

キムタクの写真が物議を醸す

本作に関しては内容に関する記事がほぼないため、もうひとつハミダシネタを。
『検察側の罪人』とファッション誌『UOMO』のコラボ企画で木村と二宮が表紙を飾り、その木村の姿にネットがざわつきました。

「え、キムタクこんなんじゃないよーー!!! なんかオネエのメイクアップアーティストみたいになってんじゃん」
「ニノはわかるけどキムタクは言われなきゃ気づかなくない? 髪型のせいかな?」
などという木村の髪型や表情に関してコメントしているものが多い。髪型は木村がこれまで見せたことがないもの。前髪を全部降ろしていて、それはいいとしても、帽子を脱いだあとのように、全体的にペターっとしている。そこがつっこまれているようだ。
中には、一部のファンからしてみると、その顔つきもいつもと違って見えるようで、ツイッターでは
「これキムタク?!?! え、こんな顔だった?」
「キムタクが髪型のせいか別人みたいに見える」
「これキムタク? 顔変わってない?」
「キムタクが私が知ってるキムタクじゃない...」
との声も。

銀魂2 掟は破るためにこそある

公開日2018年8月17日
監督福田雄一
キャスト小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、三浦春馬 ほか
公式サイト 映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』オフィシャルサイト

人気コミック『銀魂』の映画化第2弾

「週刊少年ジャンプ」誌上で連載され、累計発行部数5500万部におよぶ空知英秋の人気コミックを「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一監督が映画化、最終興行収入38.4億円、2017年の実写邦画1位となるヒット記録した『銀魂』(17)。その好評を受けて製作された続編『銀魂2 掟は破るためにこそある』が8月17日(金)に公開される。
本作は、宇宙からやってきた「天人」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍が衰退の一途をたどるパラレルワールドの江戸時代末期を舞台に、主人公の坂田銀時と志村新八、神楽が営む“万事屋銀ちゃん”の周りで起こる様々な事件を、SFと時代劇をミックスした世界観で描くアクション・エンタテインメント。
続篇となる『銀魂2』は、原作でも屈指の人気を誇る「真選組動乱篇」と、隠れた人気キャラである、“将ちゃん” こと江戸幕府14代征夷大将軍を巡る騒動を描く「将軍接待篇」を一本の物語に再構成。前作同様にかぶき町の便利屋“万事屋銀ちゃん”を中心に展開する。

迫力のアクションシーンとギャグが満載

ド迫力のアクションや銀時と万斉の戦い、鉄橋の爆破シーンやカーチェイスなど迫力満点の映像も初公開され、そのスケール感に期待を抱かせる仕上がりとなった本予告。もちろんギャグ部分の映像もバッチリで、柳楽演じる土方が第2の人格=アキバ系オタクのトッシーに変貌した映像から、「将軍接待篇」で万事屋一同が見せるギリギリアウトな笑いなど、爆笑シーンの数々がつるべ打ち!

小栗旬、菅田将暉らがキャバ嬢に変身

そんな銀時も、自らキャバ嬢として参戦。まさかの銀髪ツインテール&肩出しセクシードレス姿を披露した。アクションのためではなく、女装のために筋トレを重ねたという小栗旬が「お客さんたちに、“なんで銀ちゃんこんなムキムキしてるんだろう!?”って思ってもらえたら良いなと思います」とコメント。いっぽう、横に並ぶ新八役の菅田はほっそり。橋本が「(小栗さんは)面白くするために鍛えていて、そうしたら隣にいた菅田さんが、小栗さんが鍛えているのに、自分がなにもしないわけにはいかない、痩せるしかないとなり、その時からダイエットし始めてガリッガリになって(笑)。本当にこの二人が並ぶととても面白いです」とエピソードを教えてくれた。

徳川茂茂役にSNSで総ツッコミ

本日8月6日は“#将軍かよォォォォォ”とみんなで叫ぼう企画を実施しており、引用RTでハッシュタグ“#将軍かよォォォォォ”と付けて、銀さんやぱっつぁんと同様に日本中で将ちゃんにツッコミを入れようという、深く考えてはいけないノリ一発のキャンペーンとなっている。
このまたとない機会(どんなだ)に、もっさりブリーフのポーカーフェイスなアイツ、将ちゃんにみんなでツッコミを入れてほしい!せーの、「将軍かよォォォォォ!!」

企画は成功したようで見事トレンド入りも果たしました。

これから公開予定の期待作 洋画編

マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー

公開日2018年8月24日
監督オル・パーカー
キャストメリル・ストリープ、アマンダ・セイフライド、ピアース・ブロスナン ほか
公式サイト 映画『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』公式サイト

大ヒットミュージカル映画の10年ぶりとなる続編

あの最高にハッピーな大ヒットミュージカル映画が帰ってくる!約35年ぶりに再結成を発表したのも記憶に新しい、伝説のグループABBAのヒット曲で構成され、全世界でロングランヒットを記録した舞台の映画化である『マンマ・ミーア!』。その前作から10年―続編となる『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』が8月24日(金)に日本公開となる。
前作では、母子家庭で育ったソフィが母親ドナの日記を盗み見し、父親の可能性がある母の昔の恋人3人に結婚式の招待状を出したことから、予想外のハプニングが巻き起こるさまを描いた。今作は、妊娠したソフィが島に戻ってくる現在パート、ドナとソフィの父親候補3人との出会いがつづられる過去パートから成り、現在と過去を交錯させて描く。

芸人の横澤夏子が出演!

詳細はまだ明らかになっていないが、横澤さんは、3人の父親候補の1人、コリン・ファース演じるハリーの心を動かす重要なキャラクターを演じるという。「世界中の人々をハッピーにするという本作のコンセプトが、お茶の間にいつも笑顔を届けている、という横澤さんのキャラクターに合致している」と、担当者は横澤さんの大抜擢について語っている。

ABBAの大ヒットナンバーをシェールが熱唱

本作では、ABBAの大ヒットナンバー“悲しきフェルナンド”を、スーパースター・シェールが歌い上げることも話題となっており、このたび、共演者からのコメントを含む圧巻のメイキング映像が到着した。
シェールが演じた祖母・ルビーは多忙を極める超売れっ子歌手。本映像では、ABBAの大ヒットナンバー“悲しきフェルナンド”をかつての恋人役アンディと共に見事に歌い上げた撮影風景が映し出される。